塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

加藤塗装の活動ブログ 記事一覧

クリヤー塗装付着実験!外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

塗料の密着が良くない【難付着サイディング】と呼ばれている外壁材があります。 それは、新築時にサイディングの製造メーカーで何かしらのコーティングが施されているサイディングです。・光触媒コーティング。・無機コーティング。・フッ素コーティングなどの種類があり、日差しが強い面であってもチョーキングなど、劣化がしにくいのが特徴で平成13年以降の新築住宅で築15~17年位のお客様の相談が増えております。 相談内容としては、圧倒的に多いのが『シーリングの傷み』が心配という相談です。 今回は、とても気に入っている外壁の美観だったが単色(塗り潰し)での塗装しか方法が無いと聞かされていたお客様からの相談でした。 難付着サイディングへのクリヤー塗装は、現段階では専用のプライマーが開発され対応可能となっておりますが、クリヤーコーティングの施工となると注意が必要で、どの塗料会社も光触媒コーティングの外壁材においては対応不可となるはずです。 そのような特殊なコーティングを施されたサイディングボードを塗ってしまうとどうなるか?と言いますと、塗った塗料の種類にもよりますが早々に剥がれる可能性があります。業者さんの見誤った判断にて大切な御自宅の財産価値が下がる事もあるかも知れませんので知識としては持って頂いく事が大事だとおもいます。 そこで、外壁材の種別が分からないので一応付着実験を行おうという事で実施しました。 今回、SK化研さまの『SDクリーントップ』『プレミアムUVクリヤー』の二種類にて実験を行いました。 結果は、良好な付着強度を得ることを確認し施主様も安心していただきました。また、施工前より少し以前の色合いが復活したこともあわせて安心して頂きました。 ここ最近でメンテナンス時期が近づいて来ている難付着サイディングですが、あまり塗装に詳しくない業者さんにおいては難付着サイディングの存在自体を知らない場合もあろうかと思いますので、ついつい薦められるままに塗装してしまってはいけませんので知識として持って頂くことが大事だと思います。 お困りの際には、外壁塗装のことなら 何よりも安心で、何処よりも美しく 外壁塗装専門店 加藤塗装までお願いします。 (2019.10.27 更新) 詳しく見る
新着情報イベント情報

防水材料①オートンイクシード(オート科学) 外壁塗装屋根専門店|加藤塗装

こんにちは! 今日は塗料から一旦離れ、防水材料についてお話したいと思います! 外壁にはシーリングと呼ばれるものがあります。 シーリングとは外壁材の目地に充填する防水材の事です。 これです↓ 新築時は柔らかく、伸縮や振動を繰り返す外壁に追従していましたが、 年月が経つにつれてシーリング材の硬化、ひび割れ、剥離、破断など 3つの原因により劣化していきます。 ①シーリング材に配合されている可塑剤の流出による「硬化・痩せ」 ②外壁の伸縮・ (2019.10.23 更新) 詳しく見る

ニッポンPayPayPay!プロジェクト。外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

ニッポンPayPayPay!プロジェクトの販促ツールが届きました。 経済産業省とPayPayから、合計10%の還元事業が始まっています。 先日初めて集金にてキャッシュレス決済を実行して頂きました。施主様もはじめての登録でドキドキしておりましたが決済と同時に還元額の案内があり喜んでいました。 経済産業省の消費者還元事業は2020年6月末まで実施が決定しております。最大50万円/回のご利用で現在 32,500円の還元が実施されますのでどしどしご利用ねがいます。   (2019.10.21 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ
屋根塗装 超耐久 耐用年数 長い 一番 プレマテックス タテイルアルファサンクール 遮熱塗料 特殊機能塗料 自社職人 浜松市中区南区東区西区北区 ペイペイ キャンペーン 消費還元 キャッシュレス 価格 料金 値段 安い 平均 適正価格

塗料⑦無機塗料タテイル(プレマテックス)浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

こんにちは! 今日は、超耐久プランの屋根用塗料のご紹介です! その名も、タテイルα(アルファ)サンクール! 高機能建築用特殊塗料メーカーのプレマテックスさんが製造販売しています☆ 白くまが可愛い(*^。^*)   タテイルαサンクールの特徴はズバリ!   【遮熱性】黒色チタン系遮熱顔料が近赤外線領域波長の高反射率を実現。 → 黒色顔料に使われるカーボンブラックは太陽の熱を吸収しやすく、表面温度を上昇させる原因となっていました。   黒色チタン系遮熱顔料を使用することにより、太陽光を効率よく反射し、難しいと言われていた濃い色の遮熱塗料が可能に。   また、青や赤、黄色を混ぜて黒色を作ると、先に退色しやすい黄色から抜けてしまい、青みがかった黒、又は赤みがかった黒に   なりがちです。その点、黒色チタン系遮熱顔料は圧倒的な美しい黒色の再現を可能にしました。    【超耐候性】ガラスと同じ珪石(石英)を原料とする合成樹脂を採用し超耐候性を実現。 → 高い光沢保持率と色あせ抑止効果を長期にわたり維持します。   【フレキシブル性】無機と有機のハイブリッドにより基材の膨張・収縮に追従。   【超低汚染性】雨水が汚染物質を流し落とすハイドロクリーニング効果により超低汚染性を実現。 → タテイルアルファサンクールは塗装後1ヶ月ほどで成膜し、その後発揮するハイドロクリーニング効果により建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。   【高塗着性】先進の技術による高い塗着力と隠ぺい性で驚くほどの美しい仕上がりに。   【難燃性】万が一の火災時にも燃焼しにくい。   【防藻・防カビ性】藻の発生を抑制しカビに対して強い抵抗力を発揮。   劣化を知らない無機!塗るタイルといわれる遮熱型無機塗料 それがタテイルαサンクールです!!   加藤塗装の超耐久屋根プラン ↓ ↓ ↓   ~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~ うちもそろそろ外壁塗装・屋根塗装したほうがいいのかなぁ?時期はいつがいいのかなぁ?と思ったら まずは無料診断のお電話を(^^♪ 見積もりだけでも大丈夫!話を聞くだけでも大丈夫! 小さな事でもご相談下さいっ(^O^) ペイペイでのお支払いも出来るようになりました! 今なら5%還元!ぜひこのチャンスをお見逃しなく!! お問い合わせはこちら ↓ ↓ ↓ 無料お見積り依頼・お問い合わせ ~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~☆~ 外壁塗装・屋根塗装プラン価格は→こちら(^^)/ 加藤塗装の施工事例は→こちら(^^)/ (2019.10.19 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

外壁サイディング劣化について!外壁塗装のことなら浜松塗装専門|加藤塗装

本日も調査診断に伺いました。外壁サイディングの劣化症状のご紹介します。 青い四角の範囲内に表層塗膜のフレーク状の剥離が確認出来ると思いますが、横に広い範囲での症状とひび割れ付近に集中しているのが分かります。横に広い範囲で広がっている剥離現象については横貼りサイディングの特徴でサイディングのジョイント部からの雨水の進入により発生していると思われます。ひび割れ周辺についてはひび割れからの雨水の進入により発生したものでしょう。 横張りサイディングには矢印の先に見えるかと思いますがオスメスのジョイント部に緩衝材が付属されており、これにより雨水の進入やサイディングの挙動に対応しております。但し経年劣化により磨耗や痩せることにより緩衝機能や防水機能が損なわれ風の当る面などは雨水の進入が発生します。本来はシーリングなどは必要ないのですが経年により塗膜の剥離現象がなどが発生している場合には、緩衝材の磨耗を疑って間違いないと思いますので新たにシーリングなどにより機能を付与する必要があります。 上記写真の様に、長期(それぞれ個差がありますが)にわたりメンテナンスをしないと『塗膜剥離→サイディングの剥落→サイディングの強度低下→サイディングの欠落』に繋がります。 先のブログでも書きましたが、やはり塗装・防水によるメンテナンスが建物の財産価値及び長寿命化を図るうえで最も費用対効果の高い工法になります。 『何よりも安心で、何処よりも美しく』 外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装   (2019.10.15 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

倉庫兼事務所の外壁調査に行ってきました!外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

OBさまより貸店舗の外壁調査依頼があり伺って参りました。屋根及び外壁ともに波型スレートでの建物で長年ご利用いただいているので、綺麗にしてあげたいとの事でしたが既存塗膜の付着強度が低下しておりま塗膜剥離が発生していました。そこで簡易塗膜試験を実施させて頂きましたが ここまで、付着強度が低下してしまうと塗替えしたとしても数ヶ月で塗膜剥離が発生する危険性が高いため 1)既存塗膜の除去 2)外壁の撤去張替え 3)カバー工法による外壁改修    の選択が必要になります。 既存塗膜の除去については、高額になるため選択肢としては低くなりますのでmいずれかの外壁改修の選択が必要になります。塗装に比べメンテナンスコストが3~5倍程度必要になってしまいます。 塗替えは、既存塗膜の健全度にどうしても依存してしまいますので適正な時期に行って頂くことが最善です。もちろん適正な施工が前提です。 例えば、外壁改修に3倍の費用を掛けて行うことを考えると、 塗装工事の場合:100万円とすると外壁改修の場合:300万円 塗装工事の耐用年数が15年と考えると、外壁改修の耐用年数が45年耐久であれば塗装工事と同等の費用対効果が得られる事になります。 現実的に45年メンテナンスフリーは考えにくい! やはり、建物の長寿命化においては塗装・防水工事が最も費用対効果の高いメンテナンス工法であると思います。適正な時期に適正な工事をすることが何よりという事で、塗装防水のことなら 何よりも安心で何処よりも美しく 外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装まで (2019.10.11 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

外壁塗装浜松の助成金!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

令和元年10月1日より、外壁塗装に利用できる助成金制度がスタートし、『外壁塗装 消費者還元事業』で検索するとなんと当社が全国一位にランクインしました。 二度とこんな珍事は起きないと思いますので、お目を汚しますが掲載させて頂きます。 経済産業省主催による『キャッシュレス・消費者還元事業』が該当します。弊社外壁塗装においても消費者還元事業者として認定を受けておりますので、お気軽にお問合せ願います。 詳しくは  https://katotoso.co.jp/blog/11315/  をご覧下さい。 (2019.10.07 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

谷樋のお掃除は必要です。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

先日、ここ一ヶ月ほど雨漏りが酷く見てほしいとのご依頼があり伺いました。 見てビックリしましたが、随分と長い間漏水を重ねており壁のクロスは剥がれおり、壁材も腐食により剥落、下地木部についてはも腐食により随分と剥落しておりました。 施主様もあまり生活に影響がなく気にならなかったようですが、多分何年も漏水を重ねていただのだと思います。この様子だとかなりの漏水量があるので、原因ははっきりすのではと思いながら屋根にお邪魔すると・・ 屋根上の軒樋が排水不良にて水が溜まっている状態でした。これでは漏水するはずだと谷樋の掃除に係ると 谷樋の排水口に飛来物だと思いますが詰まっており排水不良が起こっていました。こいつが原因です。手で簡単に除去できたので撤去すると、雨水は滝のように流れ出し一件落着。 施主様も高齢でなかなか屋根上の掃除までは出来ないのでしょうがないのですが、建物の構造状一定期間では掃除が必要になります。似たようなケースが続きましたのでご報告します。 良く店舗などに多いのですが軒樋が建物内部に納まっている場合は、一定期間での確認と掃除が必要です。     (2019.10.03 更新) 詳しく見る
新着情報スタッフブログ

キャッシュレス・消費者還元事業に関して、勉強会を10月5日開催!外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

いよいよ10月1日から消費税が増税され10%に突入いたしました。 外壁塗装については当然ながら軽減税率の適用はなく10%課税になりますので、皆様もせっかく塗装しようと思ったけど間に合わないと思っていた方も必見! これから台風シーズンも終焉を迎え一年間で最も天候が安定する時期に入り塗装シーズンに突入します。だけどなんか消費税が上がっちゃって暫く様子をみようと思ってませんか。消費増税の助成金の一環としてキャッシュレス・消費者還元事業がスタートしました。 当社の外壁塗装についても消費者還元事業者としても認められ、増税前より更にお得になっています。この機会に是非一度足を運んでみて下さい。 令和元年10月塗装勉強会 開催場所 :浜松南ショールーム 浜松市中区砂山町341-20 開催時間 :AM11:00~  PM14:00~  (2019.10.03 更新) 詳しく見る
新着情報イベント情報