加藤塗装の最新情報

  • 施工事例
  • 現場日記
  • イベント・
    お知らせ

浜松市実績No.1!加藤塗装の施工事例集

他社とはここが違う!加藤塗装が選ばれる理由!

加藤塗装の外壁塗装専門ホームページへようこそ!

浜松市の皆様に、何よりも安心で、何処よりも綺麗で快適な塗替え工事を

この度は、数ある業者の中からご覧頂き有難う御座います。
当社は、1922年8月に浜松市中区板屋町に加藤塗装店として創業を開始し、屋号などを書く看板とあわせ一貫して塗装専門店として業務を営んで参りました。
設立時においては浜松駅からも近く日本国有鉄道より浜松駅の修繕の委託を受けるようになり、1964年に東海道新幹線の開通に伴い次第に建築だけでなく車両整備から鋼構造物の塗替え塗装修繕まで元請として受注するまでに至りました。そして高度経済成長期も重なり各諸官庁の塗装工事の受注を行うようになり、建築塗装だけでなく鋼構造物塗装などの大規模改修工事の施工及び管理にて経験と実績を積ませて頂くことが出来ました。

その後、国土交通省の建設計画を鑑みて住生活への負担を軽減するべく建物の長寿命化に貢献出来ないかと考え、今までの実績と経験を活かし外壁調査診断を開始し静岡県内外において外壁調査診断にて一定の職責を果たして参りました。現在では、自社で調査診断・企画を手掛けより最適な長寿命化の提案に取り組んでおります。

建物を長く保つうえで紫外線や雨水から建物を保護することはとても重要で、その手法として塗装及び防水工事は費用対効果も高くとても有効なメンテナンス方法のひとつです。
今での知識・経験を生かし適切な調査診断と堅実で費用対効果の高いメンテナンス提案とあわせ確実な施工を提供することでお客様のお役に立ちたいと思います。
地域のために塗装を通じて貢献することが会社の存在価値であり、塗装を通じてお客様に喜んでもらう事が私たちの幸福に繋がることを証明したいのです。

何よりも安心で、何処よりも綺麗で快適な塗替え工事の提供をお約束します。

加藤塗装株式会社 代表取締役
加藤 守啓MORIHIRO KATO

10の
約束
加藤塗装
お客様とお約束します!!

この度は、数あるホームページよりお選び頂き有難う御座います。
外壁塗装業界では訪問販売業者によるトラブルや他業種からの参入業者による施工事故などのトラブルにに巻き込まれるケースが少なくないのが現状です。
2013年をピークに減少傾向にある、訪問販売業者によるトラブルですが、2018年にて6,618件とまだまだ少なくありません。
その為の第一歩としての業者選びが重要になります。

外壁塗装・屋根塗装は、キッチンやトイレなどと違い契約後に生産を開始する受注生産であるために業者を決めにくいのが現状で、その為に悪徳業者や訪問販売業者・営業専門会社が参入する原因ともなっています。

浜松市で安心して外壁塗装していただく為にも、まず即決での契約は避ける必要があります。訪問販売や営業専門会社の特徴として短期間での契約を勧める傾向にあります。「足場代サービスします」「モニター価格での特別値引き」や「近隣での施工があるのでまとめて安くできます」など数日の間での契約を促してくるケースが多いようですので、一社だけの即決については絶対に避けていただきたいと思います。

そして、他業種参入による業者や営業専門会社ですが受注のみ行い施工については別会社が行うことになりますので、営業マンについては施工に対する知識・責任がなく価格先行型で契約が行われます。
「せっかく安く契約出来たと喜んでいたのに約束した施工と違う」、「せっかく外壁塗装したのに数年で」などの事故がおこりがちですので、まずは名刺やパンフレットにある事務所の確認をしていただく事でトラブルを未然に防ぐことが出来るかと思います。

塗装工事の施工保証や品質保証においては長期に渉りお約束する業者も存在しますが、実際に施工保証をきちんと履行していただけるかの判断は難しいですね。事務所が静岡県外などにある場合にはアフター相談だけでも金額が請求されるケースもありますので、きちんとアフター対応していただける業者にお願いすることが、トラブル防止の第一歩となります。

施工ミスはもちろん災害時などの緊急時に対応してくれる、建築会社又は、浜松市地域密着の塗装専門店が最も安心してお願い出来るのではないかと思います。

加藤塗装が選ばれる理由。詳しくはこちら よくあるご質問

お客様の声から生まれた外壁塗装キャンペーンパック!熟練の自社塗装職人が3回手塗り仕上げ

加藤塗装のその他のメニューはこちらをご覧ください!!

外壁塗装工事はさまざまな種類の塗料があり、それぞれに耐用年数が違います。ご家族のライフプランにあわせた長期的な計画により10年後の塗替え、20年後の塗替えなどのメンテナンス周期の検討と、長期的な費用負担を検討することが大事になります。

使用する塗料の単価が高くても、塗装回数を減らすことで維持費用を節約できるケースも少なくありません。
塗料を選ぶ際にはこのように長い目でトータルコストを意識しながら決めていただければと思います。

当社のお客様の中には、耐用年数の長い塗料をお勧めしても「色を変えたいからといって」10年ごとに塗替え希望するお客様もいらっしゃいます。

超耐久性シーリングの登場により、20年以上のメンテナンスサイクルの実現が可能になり多様な塗料の選択が可能になりましたが、住宅ごとの部材や素材により最長のメンテナンス周期は異なりますので全体のバランスを考慮して塗料を選択していただければ無理・無駄の無いメンテナンスが可能になります。

外壁・屋根塗装工事で成功するためには 良い会社選びが重要です!

失敗しない外壁塗装のポイントとは

塗装防水工事は、建物の長寿命化を図るうえでとても費用対効果の高い有効な手段であり皆様の住環境を明るくする素晴らしい仕事です。分かりにくいと言われる外壁塗装・屋根塗装ですが、少しでも理解を深めていただきトラブルの無い安心で高品質な塗装工事を実施していただければと思います。

塗装工事は、第一が建物の保護を目的をするものです。商業目的において美観のみを目的におこなう工事もありますが住宅についてはとりあえず綺麗になれば良いという方はいらっしゃならいと思いますので、安易な発注や施工はのちのちの後悔に繋がります。建物の素材及び状況に応じ適切な施工方法を選択することが大事です。

塗装は、既存塗膜に塗り重ねていく作業です。一度間違えた塗料及び施工によって後々のメンテナンスに不備が生じるだけでなく外壁の張替えなど大きな費用負担が発生するケースも少なくありません。間違えた塗料選択や不誠実な施工にてお客様の財産価値が下がってしまうような事にならないよう注意が必要です。

また、塗装だけでは建物の長寿命化を果たせない場合がありますので建物全体の診断から各部材などの補修提案を含め、適切なメンテナンス周期が確保された計画であるかの注意が必要です。

  • ポイント1 ポイント1

    見積りの内容が分かりやすく、不透明な内容はきちんと丁寧に説明をしてくれる会社ですか?

  • ポイント2 ポイント2

    お家の診断をもとにした外壁塗装プランや補修の内容を提出してくれる会社ですか?

  • ポイント3 ポイント3

    外壁塗装や屋根塗装の工事後、定期点検をしてくれたり、自社工事保証書を発行してくれる会社ですか?

初めて塗装をされる方はこちら

ぜひご覧ください!今まで関わらせて頂いた大切なお客様からのお便り

こんなお家の状況はありませんか?住まいの劣化度チェック!

こんな症状でお悩みの方はご注意下さい!

  • 色あせ

    経年により外壁塗装・屋根塗装に含まれる樹脂が劣化し塗装の色が変わったり、ツヤが落ちてきます。
    塗り替え時期の初期症状です。

  • チョーキング

    ★★

    外壁塗装・屋根塗装の塗膜が劣化すると白い粉が手につきます。防水性が悪くなっているので塗り替えを考え始めた方が良いです。

  • 外壁・屋根のコケ・藻

    ★★★

    コケや藻は外壁塗装・屋根塗装の塗膜の劣化により防水性が低下している箇所に発生しやすい状態です。

  • コーキング

    ★★★

    紫外線劣化によりコーキングに含まれる可塑剤が抜けるため、ひび割れや痩せ現象が発生します。そこから水が入り込み雨漏りの原因となりますので早めに対処しましょう。

  • さび(トタン屋根)

    ★★★★

    サビは放置すると他の箇所に広がり、表面だけでなく内部も腐食しますので早めに対処しましょう。

  • 外壁のひび割れ

    ★★★★★

    外壁塗装のひび割れは軽視しがちですが、広がったり深く割れてしまうと雨水が浸入し雨漏りの原因となるので早めに対処しましょう。

早期発見で
お家
長持ち
劣化度チェック指標

施工エリア

加藤塗装は静岡県浜松市地域密着で外壁塗装、屋根塗装、外装リフォーム工事を承っております!

対応エリア

静岡県浜松市のみ
浜松市中区、浜松市南区、浜松市東区、浜松市北区、浜松市浜北区、浜松市浜西区

なぜ浜松市のみの施工エリアか?

塗装会社は車で片道1時間など遠くまで営業エリアにしている事が多いのですが、それだと塗装現場に着くまでに疲れてしまい、本来の「塗る技術」を活かす事ができにくくなります。

そうならないために、加藤塗装は、塗装の施工エリアを絞って営業し、あえて浜松市のみで営業を行なっています。だからこそ、移動コストを下げる事ができ、明瞭な価格体系に繋がっているのです。