塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

補助金・助成金情報の記事一覧

ブロック塀の撤去は補助金がでます静岡県浜松市加藤塗装株式会社

こんにちは!静岡県浜松市の外壁塗装専門店「加藤塗装株式会社」です! よろしくお願いします。 はじめに 道路沿いのブロック塀等を撤去するのに浜松市から補助金が出ることを知っていますか。 地震発生時に倒壊・転倒の危険性のあるブロック塀等を撤去・改善する事業をご紹介します。 ブロック塀等撤去改善事業とは 浜松市プロジェクトTOUKAI(東海・倒壊)—0総合支援事業の中のひとつに、 ブロック塀等撤去改善事業があります。 道路等・・・建築基準法の道路、指定通学路、その他市長が認める道路 ブロック塀等・・・ブロック塀、石塀、レンガ塀、万年塀、その他これらに類する塀 ≪万年塀 ≫ 補助の条件 申請者 市税を完納していること 対象 道路等に沿っている、又は転倒した際に道路等に影響を及ぼすものであること 道路等からの高さ80cm以上かつ2段以上であること 撤去費 道路沿いの倒壊の危険性のあるブロック塀等をすべて撤去すること。 ただし、道路からの高さ80cm未満または1段となるものは除く 新設費 緊急輸送路等に面するブロック塀等を撤去し、速やかに地震に対して安全な塀を新設すること(※1、2、3) 緊急輸送路とは、浜松市地域防災計画上の緊急輸送ルート、緊急輸送道路、幹線避難路、指定通学路、容積率400%以上の商業地域内の建築基準法第42条第1項、第2項の道路または緊急避難場所をいう。(指定通学路とは浜松市立小中学校の通学路設定に関する基準に基づき、学校長が別に定める道路をいう) ※1 幅員が4m未満の道路(建築基準法第2条第2項道路)沿いについては、後退した位置(道路中心から2mまたは道路対面から4m)を新設位置とする ※2 安全な塀とは金属製フェンス(メーカーの仕様に基づき設置したもの)または生垣(別途設置基準あり)をいう。 ※3 新設費の補助申請をする場合は、撤去費補助申請と同時に行うこと。 補助額・補助率 撤去 ①緊急輸送路等に面するもの(万年塀を除く)(上限)13.3万円※4 「撤去工事費」と「撤去ブロック塀等の延長に14.000円/mを乗じた基準額」とを比較していずれか少ない額の1/2以内 ②緊急輸送路等以外の路線に面するもの、緊急輸送路などに面する万年塀(上限)10万円※4 新設 ①緊急輸送路等に面するもの(万年塀を撤去した場合を除く)(上限)33.3万円※5 「新設フェンス工事費」と「新設フェンス等の延長に14.000円/mを乗じた基準額」とを比較していずれか少ない額の1/2以内 ②緊急輸送路等で万年塀を撤去した場合(上限)25万円※5 「新設フェンス工事費」と「新設フェンス等の延長に38.400円/mを乗じた基準額」とを比較していずれか少ない額の1/2以内(ただし新設フェンス延長≦撤去万年塀延長) ※4 1つの敷地で、撤去①と撤去②の両事業を行う場合の上限額は、13.3万円になります。 ※5 1つの敷地で、新設①と新設②の両事業を行う場合の上限額は、33.3万円になります。 また、生垣を新設する場合には補助額上限が変わります。 <注意事項> 補助制度を利用する場合は、事前の手続きが必要となります。手続きをする前に、業者との契約や業務に着手すると補助の対象とはなりません。 補助事業の手続き 事前相談・調査申込み ブロック塀等を撤去する場合、電話、窓口もしくは浜松市ホームページで調査の申し込みをして下さい。 浜松市公式HP申込はこちら 事前現地調査 対象ブロック塀等の調査にうかがいます。緊急輸送路等に該当するか確認します。 補助金の交付申請 補助金の交付について、申請書を提出 <必要書類>※印については新設費補助申請を行う場合に提出 交付申請書 市税納付・納入確認同意書 暴力団排除に関する誓約書 撤去工事費に関する見積書の写し 新設工事費に関する見積書の写し ブロック塀等撤去改善事業現場確認書の写し 新設計画内容を示す書類(配置図、断面図、フェンスの仕様書等)※ 補助金の交付決定 補助金能交付が決定したことを通知する決定通知書を受領した後、工事着手 完了報告 工事終了後、実績報告書と補助金の請求書を提出 <必要書類>※印については新設費補助申請を行った場合に提出 実績報告書 撤去費の領収書写し 新設費の領収書写し 撤去前、撤去完了の写真 改善前、改善完了の写真 工程写真 新設工事完了写真※ 請求書 完成検査 完了報告の内容を確認し、補助金が確定したことを通知する確定通知書が送付されます 補助金の支払い 補助金を指定した口座に振り込まれます まとめ 浜松市では予想される東海地震に備えて、「浜松市プロジェクトTOUKAI(東海・倒壊)-0総合支援事業」を立ち上げました。巨大地震が発生した場合に想定される被害を最小限に抑えるため、耐震化の促進に取り組んでいます。 加藤塗装は塗装業者ですので施工業者としては参加していないのですが、 一浜松市民として浜松市が東海地震によって多くの被害を被る事を懸念しております。 私たちが情報を発信することで少しでも浜松市に貢献できればという思いで掲載させていただきました。 浜松市公式HPブロック塀等の撤去・改善の補助制度についてはこちら 木造住宅耐震補強助成事業についてはこちら   リフォーム工事のことなら加藤塗装におまかせ下さい! お電話からのお問合せはこちらをどうぞ! 現地調査・お見積りのご依頼はこちら 加藤塗装の会社案内はこちら 加藤塗装の公式YouTubeチャンネルはこちら ≪ライン公式アカウントを友達追加して最新情報をチェック!≫ ≪インスタグラム↓フォローお願いします♪≫ ←クリック! 私たちが塗装をしています!職人紹介はこちら (2023.10.26 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報

無料の耐震診断は令和6年度で終了します!静岡県浜松市加藤塗装株式会社

こんにちは!静岡県浜松市の外壁塗装専門店「加藤塗装株式会社」です! よろしくお願いします。 はじめに 東海地震は約100年周期で繰り返し発生するとされていますが、 1854年に起きた安政東海地震を最後に150年以上発生しておらず、 今現在、いつ巨大地震が起きてもおかしくない状況にあります。 気象庁HP「東海地震とは」 浜松市は、予想される巨大地震において建物の倒壊等による、 人命・財産の被害を最小限とするための対策として、 「浜松市プロジェクトTOUKAI(東海・倒壊)-0総合支援事業」を創設しました。 浜松市プロジェクトTOKAI-0総合支援事業とは 浜松市プロジェクトTOKAI(東海・倒壊)-0総合支援事業は、 木造住宅の耐震化の促進に取り組んでおり、 専門家の無料派遣制度や耐震補強工事に必要となる費用の助成制度のほか、 窓口での相談も行っています。 無料耐震診断(わが家の専門家診断事業) 対象建物 昭和56年5月31日以前に建築、工事に着手した木造住宅 (プレハブ、ツーバイフォー工法等は対象外) 申込者 所有者または居住者 申込方法 電話、窓口、ホームページにて申し込みができます。 浜松市公式HPはこちら 診断の流れ 市から民間団体へ委託し、担当する専門家※が決定 耐震診断のための現地調査の日程・時間について専門家から申込者へ電話連絡 現地調査当日は、住宅の状況を確認し専門家が耐震診断を実施(要立会い) 後日、診断結果報告のため専門家が専門家が再度訪問。その際、補強方法などの相談も可能。 ※静岡県が登録している「静岡県耐震診断補強相談士」 【上部構造評点】 0.7未満(倒壊する可能性が高い) 0.7以上1.0未満(倒壊する可能性がある) 1.0以上1.5未満(一応倒壊しない) 1.5以上(倒壊しない) 補強工事の実施(木造住宅耐震補強助成事業) 補助建物 無料の耐震診断で、倒壊する可能性が高い又は倒壊する可能性があると診断された木造住宅 補助を受けるための条件 相談士(※1)の作成した補強計画(設計)に基づく耐震補強工事であること 1階上部構造評点が0.3以上向上し、かつ1.0以上となること 相談士(※1)が工事監理を実施すること 浜松市に登録している施工事業者(※2)工事を実施すること 事業PRへの協力 (※1)静岡県耐震診断補強相談士(窓口、浜松市HPにて名簿の閲覧ができます⇒こちら) (※2)浜松市木造住宅耐震補強助成事業登録施工業者(窓口、浜松市HPにて名簿の閲覧ができます⇒こちら) 補助額 補助率(対象事業費の8割以内) 補助額(最大100万円) さらに、 ①高齢者のみが居住する住宅等 下記のいずれかを満たすと20万円加算 65歳以上の者のみが居住するもの 身体障碍者手帳の交付を受け、身体障害程度等級1級又は2級の者が居住 等 さらに、 ②在宅避難対応住宅 下記の全てを満たすと15万円加算 補強前の上部構造評点0.7未満 補強後の上部構造評点1.2以上 家具固定(寝室・居間等)の実施 補助金額のイメージ 事業費150万円の場合 事業費8割補助…100万円 自己負担額…50万円 ①高齢者のみが居住する住宅等 事業費8割補助…100万円 ①高齢者のみが居住する住宅等…20万円 自己負担額…30万円 ②在宅避難対応住宅 事業費8割補助…100万円 ①高齢者のみが居住する住宅等…20万円 ②在宅避難対応住宅…15万円 自己負担額…15万円 無料の耐震診断は令和6年度で終了 地震で自宅が被災して住むことが出来なくなった場合、 避難所での生活が長期間にわたります。 コロナ等の感染症のリスク、他人と共同生活をする心的ストレスなど 避難所は決して快適な場所とは言えません。 過去の大地震では、全ての避難所が閉鎖されるまで、 阪神淡路大震災は最長7カ月、東日本大震災は最長9カ月の間、避難所での生活を余儀なくされました。 東海地震はいつ起こるのか分かりませんが必ず発生することは分かっています。 建物の倒壊による人命・財産の被害を最小限に抑えるためにも、 まずは無料の耐震診断を受けられてみてはいかがでしょうか。 「浜松市プロジェクトTOUKAI(東海・倒壊)-0」の 無料耐震診断は令和6年度で終了します。 <担当窓口> 浜松市建築行政課 建築耐震グループ(浜松市役所4階)TEL:053—457—2473 浜松市北部都市整備事務所(なゆた浜北3階)TEL:053—585—1154 浜松市公式HP「TOUKAI-0総合支援事業」 まとめ 加藤塗装は、塗装業者なのでこの耐震化プロジェクトに参加はしていませんが、 建築物の長寿命化を推進するものとして、浜松市民の皆様に補助金・助成金情報を発信させていただきました。 又、私自身も一浜松市民として、これから起こる東海地震の被害が最小限に抑えられるよう願っております。 その為には一人一人の防災意識を高めること、過去の震災に目を背けずに学ぶことが大事だと思いますので、 今できることを少しずつやっていきましょう(^^)/   リフォーム工事のことなら加藤塗装におまかせ下さい! お電話からのお問合せはこちらをどうぞ! 現地調査・お見積りのご依頼はこちら 加藤塗装の会社案内はこちら 加藤塗装の公式YouTubeチャンネルはこちら ≪ライン公式アカウントを友達追加して最新情報をチェック!≫ ≪インスタグラム↓フォローお願いします♪≫ ←クリック! 私たちが塗装をしています!職人紹介はこちら (2023.10.25 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報

浜松市の助成金補助金(2023年6月現在)静岡県浜松市加藤塗装株式会社

はじめに こんにちは!静岡県浜松市にある外壁塗装専門店の加藤塗装株式会社です! 2023年6月現在の浜松市の助成金補助金情報をお伝えします。 『浜松市 外壁塗装 助成金』でネット検索をすると、「申請締め切り間近!」や「早い者勝ち!」などの言葉で巧みに誘導している広告を見ます。 そのような広告に惑わされず、まず一番最初に見て欲しいのは浜松市の公式ホームページです。 浜松市公的助成制度 浜松市公式ホームページ内には『浜松市公的助成制度』というページがあり、そこには浜松市で受けられる助成金が一覧で掲載されています。 その中に、住まいをリフォームする為の助成金の項目があります。 〈浜松市公式HP参照〉 用途 専用住宅 (マンション等の区分所有家屋の専有部分を含む) 併用住宅(居住部分の割合が1棟全体の2分の1以上) 対象家屋 平成26年4月1日以前に建築された住宅 床面積要件 改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下 工事期間 改修工事が令和4年4月1日から令和6年3月31日までに完了 工事費用 省エネ改修工事費用が60万円超、又は、省エネ改修工事費用が50万円超で、太陽光発電装置等設置費用と合わせて60万円超(補助金等を除く自己負担額) 工事内容の要件 次による工事(1は必須)で、改修をした部位が新たに省エネ基準に適合するものが対象 窓の断熱性を高める改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など) 1の改修工事と併せて行う下記の工事 天井等の断熱性を高める改修工事 壁の断熱性を高める改修工事 床等の断熱性を高める改修工事 『壁の断熱性を高める改修工事』が助成金対象となっております。 浜松市の公式ホームページには、ここまでしか掲載されておりません。 外壁塗装には、断熱塗料を用いた壁の断熱性を高める改修工事があります。 ちょっと期待してしまうのですが、 壁の断熱性を高める改修工事とは、一定の使用量以上の断熱材(省エネ基準レベル,ZEHレベル)を利用する断熱改修工事のことです。 すなわち、断熱塗料による外壁改修工事は対象外となります。 最大100万円の補助金がもらえます 唯一、浜松市が最大100万円の外壁屋根改修工事費用を負担してくれる補助金制度があります。 『ハマライフ住宅取得費等補助金』です。 ハマライフ住宅取得費等補助金とは、浜松市外からの移住者に対して住宅取得などにかかる費用を最大100万円補助してくれる制度です。 住宅の購入、増築・改修、住宅賃借、引っ越し資金など、対象経費の半分以内で最大100万円の補助金が出ます。 こちらにリンクを貼り付けておきますので参考にしてください。 →浜松市移住促進ホームページ「はじめよう、ハマライフ」 まとめ 壁の断熱性を高める改修工事は助成金対象ですが、断熱塗料による外壁改修工事は対象外。 屋根・外壁改修工事で補助金が貰えるのはハマライフ住宅取得費等補助金のみ。 以上、2023年6月現在の浜松市における助成金補助金の情報です。新しい助成金補助金制度が始まりましたら加藤塗装ホームページに掲載いたします!   外壁塗装・屋根塗装の事なら加藤塗装におまかせ下さい! お電話からのお問合せはこちらをどうぞ! 現地調査・お見積りのご依頼はこちら 加藤塗装の会社案内はこちら ≪ライン公式アカウントを友達追加して最新情報をチェック!≫ ≪インスタグラム↓フォローお願いします♪≫ ←クリック! 私たちが塗装をしています!職人紹介はこちら 加藤塗装が運営する不動産会社『イエモリ』HPはこちら (2023.06.20 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報

『オリジナル補助金』WEB限定キャンペーン企画スタート!静岡県浜松市加藤塗装株式会社

静岡県の浜松市、磐田市、袋井市、湖西市の皆さん、こんにちは! 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装です! 宜しくお願いします。 この度、創業100周年を記念してWEB限定キャンペーンを開催することとなりましたヽ(^o^)丿 第1弾は、 『オリジナル補助金』です! はじめに 私たち加藤塗装は、沢山のお客様から補助金や助成金はありますか?というご質問を頂くのですが、 静岡県浜松市では現在、塗装工事の補助金・助成金がありません(:_;) 詳しくはこちら 私たちは常に新しい情報を取り入れているのですが、今のところ静岡県浜松市で補助金や助成金が出る予定はなく、 ご質問を頂くたびに、心苦しくも『静岡県浜松市では補助金や助成金はありません』と事実をお伝えしてきました。 静岡県浜松市で補助金や助成金が出る事になりましたら、すぐにでもお客様にお伝えすることをお約束します。 がしかし、それがいつになるのか、本当に出るのか分からない現状を踏まえて、 それならば加藤塗装の『オリジナル補助金』をつくろうではないか!と、 スタッフ一同立ち上がりました! 第一弾!オリジナル補助金の内容とは? 加藤塗装の『オリジナル補助金』は、 令和4年9月1~令和4年9月30日までの一か月間のWEB限定キャンペーンになります! その期間中にご成約くださったお客様に 加藤塗装オリジナル補助金5万円クーポンを差し上げますヽ(^o^)丿 (ご成約金額税込100万円以上対象) 戸建住宅もアパートマンションもOKです! お問い合わせの際に『オリジナル補助金希望』とお伝えください! WEB限定キャンペーンですので、新聞の折込チラシには掲載しておりません! 加藤塗装のHPまたはインスタグラム、フェイスブックをご覧になった方のみの特別なキャンペーンになります。 まとめ 加藤塗装の『オリジナル補助金』は、創業100周年記念の期間限定WEBキャンペーンです! 令和4年9月1日~令和4年9月30日までに税込100万円以上のご成約をされたお客様が対象となります! お問合せの際に『オリジナル補助金希望』とお伝えください! アパートマンション、戸建住宅、事務所、店舗のみ等の縛りは一切ありません! 静岡県浜松市で補助金・助成金をお探しなら、 加藤塗装の『オリジナル補助金』がもらえる今がチャンスです! お電話からのお問合せはこちらをどうぞ! 現地調査・お見積りのご依頼はこちら 加藤塗装の会社案内はこちら 私たちが塗装をしています!職人紹介はこちら       (2022.09.01 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報イベント情報

【2023年最新版】静岡県浜松市の外壁塗装助成金補助金について

静岡県浜松市の皆さんこんにちは!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装です!宜しくお願いします! 2023年最新!外壁塗料ランキングこちら はじめに 今日は浜松市の助成金・補助金についてお話いたします。 地方自治体によって補助される最大金額や審査内容は様々ですが、家のリフォームに伴う助成金・補助金というものが実際にあります。 知っていればお得に工事を行う事が出来ますが、自ら調べなければせっかく貰える助成金・補助金を受けずに工事を行わなければなりません。 そして、この助成金・補助金は地方自治体の予算が決まっており予算に達した時点で終了になります。 いつでも最新情報を知っておき、いざ自分がリフォームをする際に助成金・補助金を受けられるようにしておきたいですね。 こちらもおすすめ!➡最大60万円の補助金が貰える!こどもみらい住宅支援事業とは!? 助成金・補助金はどうしたら貰えるの? 助成金・補助金を貰うには工事を行う前に申請が必要です。 工事を行う土地の役所へ申請書等を提出します。 申請書は役所のHPからダウンロードする事が出来ます。 申請書と一緒に提出するものの中には、塗装工事の見積書が必要ですので、 申請する前準備として、まずは業者に家の調査を依頼し見積書を貰いましょう。 その他にも、家の図面や塗装前の写真、家を所有している事を証明する書類等が必要です。 工事が終わったら、忘れないうちに役所へ報告書類を提出します。 報告書類は役所HPからダウンロードします。 その他には、工事写真や工事代金領収書の写し等が必要になります。 報告書類の提出は、工事が終わってから30日以内に提出しなければならないといった期限があるので気を付けましょう。 無事に報告書類を提出できたら、役所の職員による工事完了確認があります。 完了確認が終わり、審査が通れば助成金・補助金を貰う事が出来ます。 気を付けなければならないこと 助成金・補助金を貰うには、工事を行う前に申請が必要だということ。 自治体によっては、工事を始めてしまってから申請をしても貰えないので注意が必要です。 又、住宅長寿命化工事の助成金・補助金と書かれている役所のHPもありますが、 これに外壁塗装工事も含まれますのでお見逃しないようにお願いします。 外壁塗装工事の助成金・補助金が貰える地方自治体 今現在、静岡県で外壁塗装工事の助成金・補助金が貰える地方自治体は、 松崎町 南伊豆町 伊豆の国市 御前崎市 こちらの4つです。 残念ながら浜松市は助成金・補助金が貰える制度はありません。 しかし、助成金・補助金が貰える制度はいつ始まってもおかしくありません。 市役所のHPを定期的にチェックしながら最新情報を入手しておいて損はないはずです。 私たち塗装業者も常にアンテナを張ってお客様に最新の助成金・補助金情報をお伝えしていければと思います。 こちらもおすすめ!➡最大60万円の補助金が貰える!こどもみらい住宅支援事業とは!? 外壁塗装・屋根塗装の事なら加藤塗装におまかせ下さい! お電話からのお問合せはこちらをどうぞ! 現地調査・お見積りのご依頼はこちら 加藤塗装の会社案内はこちら 私たちが塗装をしています!職人紹介はこちら               (2022.07.02 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報

外壁塗装浜松の助成金!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

令和元年10月1日より、外壁塗装に利用できる助成金制度がスタートし、『外壁塗装 消費者還元事業』で検索するとなんと当社が全国一位にランクインしました。 【2022年最新版浜松市の補助金・助成金情報はこちら】 二度とこんな珍事は起きないと思いますので、お目を汚しますが掲載させて頂きます。 経済産業省主催による『キャッシュレス・消費者還元事業』が該当します。弊社外壁塗装においても消費者還元事業者として認定を受けておりますので、お気軽にお問合せ願います。 詳しくは  https://katotoso.co.jp/blog/11315/  をご覧下さい。 外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修は加藤塗装にお任せください! 【2022年最新版浜松市の補助金・助成金情報はこちら】   (2019.10.07 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報

外壁塗装に助成金は利用できる!外壁塗装のことなら浜松市塗装専門店|加藤塗装

外壁塗装で助成金は受けられる! 【2022年最新版浜松市の補助金・助成金情報はこちら】 こちらもおすすめ!➡最大60万円の補助金が貰える!こどもみらい住宅支援事業とは!? 外壁塗装では助成金(補助金)が受けられる地域があるのは事実です。 地域の自治体にて塗装などの住宅リフォームを行う場合の補助金を出してくれるところがあります。(国がお金を出してくれる代わりに手続きなどが難しいので、事前に助成金(補助金)の受け方や気をつけるポイントを確認しておく必要があります) 各自治体の助成金・補助金もありますが、ここ浜松においては静岡県及び浜松市共に自治体として利用できる外壁塗装の助成金及び補助金は令和3年3月時点では無いのが現状です。 但し、キャッシュレス・消費者還元事業は対象となります。 詳しくはこちらのブログを https://katotoso.co.jp/blog/11315/ 最大10%の還元が受けられます。(令和2年6月末まで) 参考までに 住宅関連で浜松で受けられる補助制度をご紹介します。(外壁塗装は対象外) 1)浜松市創エネ・省エネ・蓄エネ型住宅推進事業費補助制度(スマートハウス補助金) エネルギーを賢く利用し自給自足を目指す次世代型住宅(スマートハウス)の設置を促進するため、太陽光発電   システム、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、家庭用蓄電池、ヴィークル・トゥ・ホーム(V2H)対応型充電設備、太陽熱利用システムの設置費の一部を市から補助があります。 2)家族支えあい環境支援補助金(※外壁塗装対象外) 新たに同居等をする親世帯・子世帯の方に、多世帯住まいに必要な新築・取得・増築・改修・引越移転・解体費用を補助します。 3)木造住宅耐震補強助成事業 静岡県耐震診断補強相談士が在籍する建築士事務所が作成した補強計画に基づき、浜松市木造住宅耐震補強助成事業施工事業者に登録した事業者が施工する耐震補強工事   助成金が受けられる!その条件と方法を知る各自治体によって屋根塗装・外壁塗装などの補修やリフォーム工事に対して、助成金(補助金)を出してくれるところがあります。(各助成金(補助金)で適用条件や申請方法も異なるので、事前の情報収集が大切になってきます。場合によっては、特定の業者でないと助成金(補助金)の適用ができない場合もあるので注意が必要です。) 政府や自治体で助成金が条件さえ満たせば助成金(補助金)が受けられる場合もあります。 住宅リフォームをする際に様々な助成金が受けられることはご存知の方も多いと思いますが、実は外壁塗装や屋根塗装でも使える助成金と補助金があります。但し、静岡県内では現在使用できる助成金補助金はありません。 また、助成金の申請には、築年数、耐震基準を満たしている、断熱や遮熱などの省エネリフォームが含まれている等の条件がついていることが多いようです。 自治体によっては工事前・後の比較写真や見取り図、平面図などの提出が必要なケースもあるので、事前にお家の情報をまとめて用意しておきましょう。 助成金(補助金)の受け方ついて 助成金(補助金)を受ける流れは各自治体によって多少異なりますが、概ね下記のようなイメージになります。基本的には工事終了後に助成金を受け取る場合が多いようです。・1.お住まいのエリアの自治体で助成金の申請・2.決定通知が届く・3.工事開始・4.工事終了・5.完了した後に報告書を提出・6.施工した住宅の確認・7.決定通知が届く・8.助成金の受給 どのような工事が対象になるのか、申込期間は決まっているのか、業者の指定はあるのかなど、必ず細かい条件の確認は必要になります。工事業者を決める前に、お住まいの自治体、市報、ホームページでぜひチェックしてみてください。 申請前には時間がかかる?国の審査となるので、やはり申請には時間がかかります。そのため、ゆっくりと余裕を持って申請を行いましょう。 屋根や外壁塗装の前に助成金(補助金)を受ける上で確認しておきたいことをまとめました。・工事着手の前に申請を完了させる・助成金・補助金で条件が違うので事前に確認・住宅の平面図、見取り図などの基本情報を用意しておく・国から補助してもらう関係で税金などの滞納者は受けられない・業者が助成金・補助金の対応をした経験があるか確認する 助成金や補助金を受けるのであれば、ある程度の手続きや時間がかかることは覚悟をしなくてはいけません。 助成金や補助金では無いのです、火災保険を活用することで家の修繕が可能になるケースもあります。決して悪用は良くありませんが「台風などの災害」においての修理の際には是非ご活用願います。 屋根改修の場合には、火災保険を活用することで、施工費用を無料または費用の一部を負担してもらうことが可能です。火災保険の中には「風災」と呼ばれる項目があり、主に台風や氷の影響で屋根や住宅に損害が発生した場合に、補修費用を出してもらえます。 この火災保険を使って「無料で屋根工事ができますよ!」と大体的に売り込みをしている業者もいますが、保険の適用範囲のことしかしてくれなかったり、逆に保険適用外の工事をして追加費用を請求してくるケースも見受けられます。火災保険を利用しての屋根塗装は魅力的ですが、トラブルに巻き込まれないように必ず地域の優良業者に依頼をしましょう。 最後に ここまで読んで頂き有難う御座います。 令和元年10月現在では、ここ浜松では外壁塗装屋根塗装において有効な補助金や助成金はありませんが、毎年度において最新の情報その他お得な情報も随時ご案内してまいりますのでお問合せ頂ければと思います。 フリーダイヤル 0120-83-1116までお願いします。 【2022年最新版浜松市の補助金・助成金情報はこちら】 (2019.10.01 更新) 詳しく見る
補助金・助成金情報