塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

加藤塗装の活動ブログ 記事一覧

ガーネットにて軒天施工!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

    本日、初めての試みの、軒天のガーネットが気になり現場確認に行って来ました。とても良かったです。 当初は無難なベイジュ系で話が進んでいたのですが娘さんの参加により急展開を迎えガーネットでの施工となりました。 少し不安に感じておりましたが矢切部分の色と合わせ一体化をしたことにより、さらにバランスよく仕上がりました。 玄関もとても品良く仕上がり安心しました。ガーネットお勧めです。(^^     (2020.09.23 更新) 詳しく見る
外壁塗装カラーシミュレーション
アステックpaint スーパーシャネツサーモ フッ素 カラー品番 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 下塗り塗装 口コミ 評判 足場架設

浜松市南区寺脇町Yさま外壁・屋根塗装工事が始まりました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 浜松市南区寺脇町にて外壁・屋根塗装工事が始まりました! 屋根塗料はアステックペイントさんのスーパーシャネツサーモFを塗布いたします。 期待耐用年数15年! 特殊無機顔料を採用し変退色を大幅に軽減したフッ素遮熱形塗料です。 遮熱形なので、屋根が暑くなりにくく劣化が緩やかになります。 10色展開されており外壁に合った色を選ぶことが出来るのも嬉しいところです。 同じシリーズのスーパーシャネツサーモsi(シリコン)は期待耐用年数12年です! どちらもコストパフォーマンスが高い塗料になっています。 【屋根下塗り塗装施工後】 こちらの屋根はカラー品番9113ラセットブラウンにて塗装予定です。 完成が待ち遠しいですね! 屋根塗料スーパーシャネツサーモについてはこちら!   (2020.09.21 更新) 詳しく見る
屋根塗装足場架設
台風被害 補修 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

台風が来る前に!過去の被害を知って今後に備えよう!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 今年の上半期は台風の発生が少なく、特に7月は一度も発生しないという、観測史上初の出来事もありました。 今後の台風予想によると、海面水温が高い為に大型台風に発達しやすいと言われています。 まだ記憶に新しい2018年に発生した台風24号では、東海地方を中心に甚大な被害をもたらしました。 その時の事はよく覚えています。10月1日の朝6時頃から会社の電話は鳴りっぱなしで、 何十件と台風被害による相談を受けました。特に多かったのは瓦の飛散による補修依頼です。 とにかく私はお客様のお名前とご住所、ご相談内容だけを聞き取り電話を切り、また次のお客様のお名前とご住所・・・といった具合に まずは全てのお客様の電話を受け取りました。 それから、社長、職人達が手分けして順番に家々を回らせて頂き応急処置を施しました。 台風24号の前に発生していた台風21号の影響もあり、近畿地方や東海地方では瓦不足が続き、 一年経っても瓦を補修する事が出来ない住宅もありました。 屋根にブルーシートを乗せたまま、また大型台風が来たらどうしよう、と不安に駆られる方は多かったと思います。 あれから2年が経ちました。 台風24号の教訓を得ている私たちが、これから来る台風に対してどうのような備えや対策をしなければいけないのか、 それは家の劣化を見逃さないという事です。 自宅の瓦がズレている、漆喰がボロボロだ、釘が浮いてきている、外壁にヒビがある、カーポートのビスが錆びているなど、 目に見える劣化ならご自分で分かるはずです。※危険なので屋根には登らないで下さい どこにも劣化は見られないと思ったら、築年数で考えてみて下さい。 外壁・屋根・漆喰など家は10~15年単位で専門の業者に見てもらい、メンテナンスすると安心です。 今年だけではなくこれからも日本には大型台風が来ることは分かっています。 水や食料を備えるように、家も備えと対策を早めに準備しておきましょう。   昨年の台風で屋根瓦を補修したブログ記事はこちらです! 浜松市南区渡瀬町にて屋根瓦漆喰補修工事!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 (2020.09.19 更新) 詳しく見る
台風被害
間違い瓦補修ラバーロック工法 加藤塗装 浜松市中区神田町 口コミ 修繕 台風被害 費用

ラバーロック工法は悪くない!正しい知識と施工方法なら頼もしい瓦の味方!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 台風9号、10号が日本に来る前、瓦の補修依頼がありました。 「下からじゃ良く見えないが、瓦が無くなっていると思う」というそんな電話内容でした。 さっそく現地へ調査に行き、ドローンで屋根を撮影させて頂きました。 ドローンで撮影したものを会社へ持ち帰り確認してみると、瓦の欠損している所、割れている所、 ズレている所、外れた瓦が屋根に乗っているものが何か所もありました。 強い風が吹いたら、固定されていない瓦が吹き飛んでしまう危険性、そして台風9.10号が近づいている事実・・・ これは一刻も早く補修しなければ、、、という事で、お客様からご相談があったその一週間後には足場を架設していました。 瓦屋さんも急なお仕事だったので、今抱えている仕事の合間に少しずつでも補修していこうという話になりました。 まずは固定されていない瓦を撤去して台風に備える事から。 そして、無事に何事もなく台風は過ぎ去ったので改めて瓦の補修工事をさせて頂きました。 補修工事の内容は、シーリングで瓦を固定する「ラバーロック工法」です。 ラバーロック工法を検索すると、【実は屋根に良くない】【雨漏りの原因になる】【あまりおすすめ出来ない】など、 ネガティブな事が書かれているのを目にします。 ですが、それは正しい知識を持たずにただ瓦を固定させればいいだけ、と闇雲に施工する業者がいるからです。 正しい知識で施工されたラバーロック工法は、しっかりと瓦を固定し、強風や揺れに強い屋根を造ります。 ラバーロック工法で一番間違えやすい所は、シーリングを充填する場所です。 上記が正しいラバーロック工法のシーリング位置です。 丁度山になっている所にシーリングを充填し瓦と瓦を固定します。 よく間違えられているところは下記の場所です。 Uの字になっている所は、瓦と防水シートの間を通る雨が抜け出る所なので ここをシーリングで埋めてしまうとどうなるか、分かりますよね。 外に出られなくなった雨水は、家の中へと浸水していきます。 これがラバーロック工法は【実は屋根に良くない】【雨漏りの原因になる】【あまりおすすめ出来ない】と言われる所以です。 棟瓦も同じで、全ての隙間を埋めるのではなく隣同士の瓦が密着する部分にだけシーリングを打ちます。 台風の季節がもうそこまで来ています。ご自宅の屋根に不安がある方、お見積りは無料ですのでお気軽にご連絡下さい。 お客様からよくある質問はこちら     (2020.09.17 更新) 詳しく見る
補修工事
浜松市東区長鶴町塗装工事始まりました加藤塗装足場架設袋小路道が狭い令和二年秋の施工

浜松市東区長鶴町Tさま外壁塗装工事始まりました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 9月施工の長鶴町Tさま邸、塗装工事が始まりました! 軽自動車がギリギリすれ違えるほどの道で、袋小路の奥から二番目のお家なので、 足場を架設する時は、家の前にトラックが停まり一番奥のお家、その隣家、お向かいさんは 車で出入りする事がどうしても出来なくなってしまいました。 ですので、塗装工事の日程が決まった時点でご近所へ挨拶させて頂き、車が通れなくなる旨をご説明させて頂きました。 幸い、運転を卒業された方が多かった事と、お互い様だから、と言って下さり本当に感謝致します。 足場の中はこんな風に、職人が歩けるようになっています。 足場を架設するとメッシュシートが被さり中がどうなっているのか気になりますよね(私だけですか?笑) このメッシュシートは塗料の飛散だけではなく防音の役目もあります。(なので必ず必要なもの) これから3~4週間程度、塗装工事が続きますので施工途中の報告をまたブログにて 掲載していきますのでぜひチェックしてみて下さいね! 過去の塗装工事ブログはこちらです! 浜松市の塗装現場!屋根鉄骨ケレン作業、外壁塗装、雨戸塗装。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 (2020.09.15 更新) 詳しく見る
足場架設
tosou塗料缶塗装工事内容ホワイトボードコミュニケーション加藤塗装外壁塗装の事ならエスケー化研水性屋根フレッシュsi三和町

いざ塗装工事が始まったら、敷地内はどうなる!?外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 加藤塗装の話ですが、いざ塗装工事が始まる時は、軽自動車のバンで職人一人が赴きます。 そして、お施主様へ挨拶をし、玄関前にホワイトボードを置かせて頂きます。 このホワイトボードは、今日の塗装内容だったり、お施主様のご要望だったり、 自由に書き込む事が出来ます。 今はデジタル化が進んで、メールやライン等いくらでも連絡を取る事が出来ますが、 職人が丁寧な字を書いていると、 「あ、この人はきっと真面目で細かい所までしっかりと仕事をしてくれそうだな」と私は思います。 字は性格が出ると言いますが、まさにその通り(^-^)  HPやYouTubeをやっている加藤塗装ですが、ここだけはアナログを貫き通したいですね(笑) そして、家の敷地内にシートを敷いて塗料を置かせて頂きます。 塗料缶にモザイクを入れているのは、缶一つ一つにお施主様の名前を記入しているからです。 他の現場の塗料と間違えないように見える所に記しておきます。 軽自動車一台分と、この塗料置き場分だけ土地を使用させて頂きます。 こんなに土地は余ってないよ!!という方もご相談下されば大丈夫です! そして今日は、屋根塗装工事している現場へ行ってきましたよ! 使用している塗料は、エスケー化研さんの水性ヤネフレッシュシリコンです(#^^#) まだ中塗り塗装なので、もう一度同じ塗料同じ色を塗装します。 凹凸のある部分は刷毛でしっかりと塗りこんでいきます。 https://www.youtube.com/watch?v=3evXEhZIcUc スマホで撮影しているからか!?画像が粗くてすみません!↑ 水性ヤネフレッシュシリコンのRC-119という品番カラーになります。 屋根は直射日光が当たるので、色に特別こだわりが無ければ濃い色よりも明るい色をおすすめします。 他にも屋根塗装のブログ記事はこちらです。 浜松市中区の塗装現場 屋根下塗り塗装 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装     (2020.09.13 更新) 詳しく見る
YouTube動画屋根塗装
ビフォーアフターtomakuhakuri外壁塗膜剥離 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 西区篠原町 劣化症状 施工後凹凸が残る

外壁の塗膜剥離。塗装をする前と後!ビフォーアフター写真有り!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 浜松市はとても広いので、「浜松市 天気」で検索して今日は雨予報だな、と思っても ショールームがある中区砂山町は、ずっと晴れだったりします。 だからピンポイント予報を見ればいいのに、いつも「浜松市 天気」で検索してしまう私・・・ どうにかならないでしょうか、というどうでもいい話(笑) 外壁の塗膜剥離とは、こういう事です↓ 拡大してみると 塗膜は外壁材の防水や紫外線から守る役割をしてくれるので、 塗膜が剥がれると剥がれた所から水が浸入してしまい、外壁の劣化を早めてしまう恐れがあります。 外壁材の中に水分が入ると、気温の変化で温められ気化し、また外へ出ようと塗膜を突き破ります。 なので外壁が劣化してきたなと感じたら、新しい塗膜を外壁にまとわせてあげて下さい。 それは外壁にとって最大の防御なのです。 一度塗膜が剥がれた所に塗装をすると、やはり凹凸が残ります。 よく見れば分かる程度です。 外壁を触ると白く付くチョーキング現象が出てきたら、外壁のメンテナンス時期になったサインです。 塗装は外壁を守る最大の防御だということ、永く快適に暮らしていく為に家のメンテナンスは重要です。 他にも、外壁の劣化症状をまとめた記事はこちらです! 知識と経験が必要な外壁調査・診断! (2020.09.11 更新) 詳しく見る
外壁塗装
養生スタイル換気感染症対策窓外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

塗装工事中は窓を開けられない?動画有り。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 以前書いたブログ「塗装工事中は窓を開けられない?外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装」で 換気の出来る養生方法を写真でご紹介しましたが、動画を載せますので良かったらご視聴下さい。 https://www.youtube.com/watch?v=TJ8ILLpi6gQ 9月になりましたが、まだまだ暑いですね。 感染症対策の為に換気されたい方もいらっしゃると思いますし、外壁塗装をしている時でも窓を開けられるように 職人達が様々な工夫をしている動画になっています。2分程度の短い動画ですのでぜひ☆ 浜松市南区遠州浜の一戸建て住宅、塗装現場へ行ってきました! 塗装専門の職人さんですが、窓の格子を取り付けていましたよ(^-^) 出来る事はすべて自分でやります☆ 塗装はすべて終わっているので、外壁がとても綺麗になっている事がわかりますね(^-^) こちらのお客様のお家は施工事例で詳しく載せますね!   外壁塗装の前に高圧洗浄!業務用はこんなにもキレイになる!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 (2020.09.09 更新) 詳しく見る
YouTube動画
浜松駅南ショールーム 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 YouTube動画有り

浜松駅南ショールーム内をご紹介!YouTube動画有り。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 浜松駅南ショールーム内をご紹介したいと思います! ショールームの中は、今までの施工事例や外壁屋根の劣化症状の展示、実際に塗装をしている屋根や外壁の実物があり、 下塗り塗装、中塗り塗装、上塗り塗装がそれぞれ塗られているので、ご自宅を塗装する前に塗装後の外壁を触ることが出来ます。 又、外壁・屋根塗料の紹介(取り扱っている塗料の最新パンフレットがあります)をしています。 そして、パソコンでカラーシミュレーションする事が出来ます。 こちらは事前に撮った写真で準備する必要がありますが、塗装する前に塗装後の色のイメージが分かるのでとても便利です。 そんな浜松駅南ショールーム内の動画を撮影しましたので、ぜひご覧ください。 短くまとめていますので見やすいかと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=SSB02KDbg9g 良かったらチャンネル登録をお願いします☆ 浜松駅南ショールームで出来るカラーシミュレーションを紹介しているブログはこちらです。 ALC外壁のスタイリッシュなアクセントカラー!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 (2020.09.07 更新) 詳しく見る
YouTube動画カラーシミュレーション