塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

プレマテックス『タテイル2』塗料の頂点!有機HRC樹脂技術とは!?

豆知識 2021.10.28 (Thu) 更新

タテイル2プレマテックス高耐久塗料最新外壁塗装の事なら浜松塗装専門店加藤塗装

静岡県の浜松市、磐田市、袋井市、湖西市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装です!

宜しくお願いします。

-------------------------------

今回ご紹介する塗料は、プレマテックスさんの『タテイル2』です!

タテイル2プレマテックス高耐久塗料最新外壁塗装の事なら浜松塗装専門店加藤塗装

様々な塗料メーカーから耐用年数の長い塗料が発売されていますが、

トップクラス、いや頂点と言っても過言ではない塗料が『タテイル2』なのです。

その耐用年数、なんと30年!!

超耐候性・超耐久性を持った塗料なんです。

超耐候性の秘密は、【有機HRC技術

有機HRC技術とは、以下の3つ定義からなります

High Radical Control(高度な紫外線対策技術)

High Resin Combine(有機トリプルレジン)

High Regulation Color(有機顔料の制限)

高度な紫外線対策技術

ラジカルとは、塗料に含まれる酸化チタン(白顔料)が紫外線や酸素、水などに接触することで発生する劣化因子のことです。

人の肌や塗料の樹脂のような有機質を破壊し塗膜劣化の原因になっています。

T2(タテイル2 )は新しい多重処理法により耐候性に最も特化した酸化チタンを採用。

従来品をはるかに凌ぐ超ラジカル制御[High Radical Control]を実現しました。

MUGA2プレマテックス ムガ MUGA 次世代無機塗料 多重ラジカル制御形酸化チタン採用 5つのステージ 耐久年数 耐用年数 塗装ビジネス研究会 オフィシャルパートナーズ 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 MUGA 塗膜拡大 無機系樹脂採用 遮熱機能  取扱施工店 静岡県

有機トリプルレジン

フッ素、シリコン、ウレタン樹脂のそれぞれの良い所を配合し、新しい素材を開発しました。

それにより、無機を超える超耐候性を実現しました。

塗料用樹脂最高の結合力を発揮するフッ素化合物(C-F結合)を、従来のフッ素樹脂塗料を凌ぐ高い割合で配合。(フッ素

高配合フッ素化合物のパフォーマンスを最大限に維持する高反応シリコーンレジンを配合設計。フッ素の耐候性を効果的に補強。(シリコン

リオールとイソシアネートをHRC用に設計、強靭で密着性に優れた塗膜を形成。(ウレタン

有機顔料の制限

耐候性に不安がある(赤・黄・緑・青)をなるべく使用しない事で不安要素を払拭。それにより長期に渡り美観を維持する事が出来ました。
無機顔料に対し有機顔料は耐候性が低く早期退色しやすい。
組み合わせた顔料の耐候性により塗膜は、退色・変色に差が生じ、時間の経過に伴いより進行していきます。
タテイル2プレマテックス高耐久塗料最新外壁塗装の事なら浜松塗装専門店加藤塗装
『タテイル2』の特徴
≪超耐候性≫
有機HRC技術により無機塗料を凌ぐ超耐候性を実現。長期に渡り建物を守り続ける。
≪超低汚染性≫
雨水が汚染物質を流し落とすハイドロクリーニング効果により超低汚染性を実現、藻やカビに対しても強い抵抗力を発揮。
≪高靭性≫
外力によって破壊されにくい性質を持つ塗膜は、しなやかで強く基材の膨張・収縮にも追従。
≪高密着性≫
高い塗着力と抜群の隠ぺい性で作業性に優れ、驚くほどの美しい仕上がりに。
≪高光沢性≫
ミクロレベルでの平滑性を可能にし、なめらかな仕上がりで高い光沢感を実現。
≪耐変色性≫
有機顔料の使用を制限することで、変色・退色を抑え長期に渡り美しい外観を保ち続ける。
『タテイル2』は、有機HRC樹脂技術(多重ラジカル制御、有機トリプルレジン、有機顔料の制限)によって超耐候性を実現しました。
次の塗り替え時期が30年後という安心感が嬉しいですね。
こちらもおすすめ!

上塗材を護るという新発想『インテグラルコート』!

無機塗料クリヤータイプといえば『タテイルα美館プレミアムエディション』!

水性塗料の常識を超えた耐用年数25年!『タテイルフロン』!

加藤塗装がついに取扱施工店に認定!『MUGA』!