塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

外壁に試し塗りってした方がいいの?外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

豆知識 2021.05.27 (Thu) 更新

静岡県の浜松市、磐田市、袋井市、湖西市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装です!

宜しくお願いします。

外壁塗装を行う際に、試し塗りをしますか?と塗装業者から聞かれた事はありますか?

きっと、こちらから言わなければ、ほとんど試し塗りの話はしないと思います。

なぜなら、塗装業者にとって、試し塗りはとても手間がかかるのですから…。

外壁に試し塗り 追加請求 お金がかかる 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 調査無料診断無料見積無料

        目次

  1. 外壁の試し塗りは、なぜ手間がかかるの?
  2. 外壁に試し塗りは、した方がいい?
  3. 外壁に試し塗りをすると、追加請求される!?
  4. まとめ

外壁の試し塗りは、なぜ手間がかかるの?

外壁に試し塗り 追加請求 お金がかかる 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 調査無料診断無料見積無料 お金がかかる 職人 プロ技 技巧

ここで言う外壁に試し塗りをする塗料は、上塗り塗料の事です。

外壁がどんな色になるのか、小さい色見本ではなく、実際にご自宅の外壁一部分に塗装をしてお客様に確認して頂くのですが、

上塗り塗料という事は、その前に下塗り塗料を塗装しなければいけません。

下塗り塗装なしに上塗り塗料を外壁に塗装する事は、プロとして絶対にやってはいけない事なのです。

下塗り塗料は、外壁と上塗り塗料を密着させる接着剤のような役割をします。

その接着剤なしに、上塗り塗装をしても、すぐに塗膜剥離に繋がります。

接着剤なしの上塗り塗装の上から、下塗り塗装をしても同じことです。

ちょっと、ややこしいですが、上塗り塗装の試し塗りをする為には、まず下塗り塗装を完成しなければならないという事です。

【外壁塗装の工程】

  1. 足場組立
  2. 外壁の高圧洗浄
  3. 下地処理
  4. 養生
  5. 下塗り塗装
  6. 中塗り塗装(上塗り塗装)
  7. 上塗り塗装
  8. 完工チェック
  9. 足場解体

上記工程を見ると分かるように、5番目の下塗り塗装が終わった後に、外壁の試し塗りを行います。

中塗り塗装(上塗り塗装)と記してあるのは、中塗り塗装と上塗り塗装は同じ塗料で行うからです。上塗り塗装が2回という事。

塗装職人としては、外壁色が最初から決まっていた方が、どんどん仕事を進められるので、試し塗りをする事で仕事にブレーキを掛けたくないと思っている人もいるかもしれません。

 

外壁に、試し塗りはした方がいい?

外壁に試し塗り 追加請求 お金がかかる 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 調査無料診断無料見積無料 お金がかかる 職人 プロ技 技巧 カラーシミュレーション ショールーム 試し塗りした方がいい?

塗料の色見本をご覧になった事はありますか?

塗料メーカーにもよりますが、親指くらいの小さな色見本がほとんどです。

色の種類が多いので、何十、何百という色すべてをA4サイズ位で見本にすると、色見本の金額も高くなってしまいますし、

数年で色見本も更新されていくので、需要と供給の面だと思いますが、そのような色見本をあまり見たことがありません。

ですので、私たち塗装店は自分たちでA4サイズ位の板に、塗装をすることがあります。

すべての色、という訳にはいきませんが、需要が高い色をいくつか見本板としてショールームに展示しています。

それでも、やはり塗装しているのは見本板であり外壁ではない為、お客様のご自宅の外壁とは違います。

最近では、凹凸のある外壁が増えています。見本板はフラットですが、凹凸がある外壁には影が出来ますので、

実際の色よりも色濃く見える可能性があります。又、ショールームは室内ですが、外壁は屋外です。

お家がある場所は、よく日が当たる場所ですか?それとも日陰になる事が多いですか?

お家が100軒あれば、100通りの見え方があると私は思っています。

実際に、ご自宅の外壁に試し塗りをしてみましょう。色見本で見ていた色と、全く違う印象を受けるかもしれません。

同じ印象だったなら、思った通りで良かった!その色で外壁を塗装しましょう。

加藤塗装では、試し塗りをトライペイントと呼んでいます。

トライペイントは外壁色を決める際に、誰でも予約をする事が出来ます!

 

外壁に試し塗りをすると、追加請求される!?

外壁に試し塗り 追加請求 お金がかかる 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 調査無料診断無料見積無料 お金がかかる 職人 プロ技 技巧 カラーシミュレーション ショールーム 試し塗りした方がいい? 追加請求される

外壁に試し塗りをした際、やっぱりこの色はやめたいな・・・違う色にしたいな・・・

と思うかもしれませんよね。

試し塗りをするという事自体が、色に悩んでも良いという事なので、やっぱりやめたいなと思うのはごく自然なことです。

しかし、試し塗りをしたいと塗装会社に伝えていなかった場合は、工事途中の色の変更は追加請求される事があります

もうすでに外壁に塗装する塗料缶を注文してしまっている為、新たに違う色の塗料缶を購入するのにはお金がかかるからです。

そして、注文してから届くまでに時間もかかりますので、その間の工事がストップしてしまう可能性まであります。

まず最初に、塗装会社には試し塗りをしたい事を伝えましょう。試し塗りNGの塗装会社はあまり信用できないかもしれません。

加藤塗装では、事前に試し塗りのご予約で無料で外壁に塗装が出来ます!1色の試し塗りもOKです!

実際に、ご自宅の外壁に試し塗り塗装をしてみて下さい。朝、昼、晩で色の印象も違いますよ!

 

まとめ

外壁に試し塗りってした方がいい?試し塗りをするメリット!

  1. 色見本で見る印象と、実際に外壁に塗装した色の印象が違う可能性があるから、試し塗りをした方がいい。
  2. 塗装職人に手間がかかっても全く問題なし!納得のいく外壁色にしたいから、試し塗りをした方がいい。
  3. 加藤塗装なら事前予約で追加請求なし!お金がかからないのなら、やって損なし!試し塗りをした方がいい。

高耐久な塗料なら尚更、外壁色で失敗はしたくないですよね。これから何十年と住むお家です。

ご家族全員が納得のいく外壁色にしましょう。