塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

浜松市中区高林町Oさま邸 シーリング改修工事YouTube動画アップしました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

YouTube動画シーリング改修 2020.12.11 (Fri) 更新

こんにちは。

外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。

前回、浜松市中区高林町Oさま邸のシーリング改修工事の様子をブログに書きましたが、

YouTubeへ動画をアップしましたので

こちらでも投稿させていただきます(#^.^#)

シーリング改修工事/外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 – YouTube

足場を架設すると、中の工事が見えないので何をやっているのか気になりませんか

私はすごく気になります(≧◇≦)

外壁の目地にあるシーリングは、両側の側面のみ外壁と付着しているので、

カッターで切り込みを入れるだけで、スルスルと外す事が出来ます。

新築で使われるシーリング材は耐久年数が10年程度のものが多いので

初めて塗装させるお家では、必ずといっていいほど外壁塗装と一緒にシーリングの改修も行います。

古いシーリングを取り除いて、新しいシーリングを充填します。

この時、新築時と同じ耐久年数のシーリング材もあるのですが

今は高耐久のシーリング材もありますので、外壁に塗装する塗料に合わせてシーリング材をお選びいただけます。

外壁に塗装する塗料の耐久年数が20年でシーリング材が10年だったら、

10年後シーリング改修の為だけに足場を架設するのはもったいないですよね。

シーリング材も外壁と同程度の耐久年数にすれば、同じ時に改修が出来るので

足場代が一回で済みます。

また、屋根や付帯部に塗装する塗料も同じ位の耐久年数に合わせるのがマストです☆

他にもシーリングについてはこちらの記事をどうぞ。