塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

キャッシュレス・消費者還元事業者に認定されました!外壁塗装のことなら浜松市塗装専門店|加藤塗装

新着情報スタッフブログ 2019.10.01 (Tue) 更新

遂に本日より、キャッシュレス・消費者還元事業がスタートしました。

これは経済産業省が令和元年10月1日~令和二年6月末日の期間限定の助成金の一環です。加藤塗装株式会社も消費者還元事業者として認定されましたのでご利用いただけます。

まず、キャッシュレスと聞き慣れない言葉がでた時点で興味が薄れている方もいるかと思います。

弊社のような事業社にとっては決してメリットのある事業ではありませんが、お客様にとって決して不利益になる事は無いはずですので諦めずにこの機会に是非ご利用を始めていただければと思います。

 

今回、10月1日から消費税が10%に増税された事に伴い景気対策の助成金の一環としてキャッシュレス決済における

還元事業が行われます。これは経済産業省がキャッシュレス決済事業者を通じて助成金をポイント還元として皆様にお支払いするものですので、該当事業者を通じてキャッシュレス決済を行うことが条件になります。

 

では、キャッシュレス決済とはどの様な方法があるのでしょうか

上記の様に、キャッシュレス決済(現金不要の決済方法)においては大きく

【クレジットカード】

 最も普及しており、ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードなど利用額によりステータスや特典が

 得られる後払い方式のキャッシュレス決済

【プリペイトカード】

 Suica や ナナコカードなど事前にカードやスマートフォンに金額をチャージしておき、購入時にチャージ額

 から支払う前払い方式のキャッシュレス決済

【スマートフォン決済】

 スマートフォン決済又はQR決済は、スマートフォンに事前にクレジットカードや銀行口座を登録し後払い方式

 又は、事前にチャージして支払う前払い方式の両方が使えるキャッシュレス決済

 

今回、消費増税に伴う助成金の一環としてはキャッシュレス・消費者還元事業が手厚くされており国がキャッシュレス決済への移行を切望している事は良く伝わってきます。労働力人口の低下や世界に比べキャッシュレス化が遅れていることもありスピード感を持ってキャッシュレス決済への移行を狙っています。

 また、上記の決済方法のうち【スマートフォン決済】が最も手厚くされており、来年の6月末日以降の助成金の検討もされていることから、【スマートフォン決済(以後QR決済)】を強く推奨します。

キャッシュレス決済方法毎の還元率

   クレジットカード 15,000ポイント/月

   電子マネー    15,000ポイント/月

   QR決済      25,000ポイント/月

上記の様に、QR決済が最も還元ポイントの付与上限が高いことと合わせ各社毎に更なるポイント還元キャンペーンを実施しておりますので新しくチャレンジする方は是非とも【QR決済】がお勧めです。

例えば、日本最大のQR決済会社 PayPayですが経済産業省の還元事業と合わせて最大5%の利用特典がキャンペーンされております。

当社でもPayPayの決済を推奨しています。

但し、何事にも条件が付いておりまして全てにおいて10%の還元がされるわけではないので注意が必要です。

PayPayでのQR決済を行うさいには、ヤフーカードをお持ちでない方は基本的に銀行口座よりチャージ(入金)してお支払いする方法をお勧めします。その他クレジットカードの場合には経済産業省の還元事業の5%のみでPayPayキャンペーンの対象外となってしまうからです。

 

また、一月あたりの上限金額及び一回当たりの上限金額の設定がありますのでこの辺も注意して利用したいところです。増税前の塗装工事が間に合わずに、がっかりしている方もいらっしゃるかと思いますが心配要りません。

 

例えば、消費税8%のときの工事代金が

工事代金 1,000,000円+80,000円(消費税8%)=1080,000円(税込)  

 

今から、消費税10%のときの工事代金が

工事代金 1,000,000円+100,000円(消費税10%)=1,100,000円(税込) から

500,000円をPayPayでお支払い頂くと、33,500円の還元が受けられるので、増税前より13,500円もお得になるのです。

 

キャッシュレス決済においては、生理的に受け付けない方もいらっしゃると思います。決して無理をする必要はありませんが今後デジタルシフトが加速する事は間違いない事だと個人的には思っております。今後、キャッシュレス決済が使用しない事でのデメリットの方が大きくなると思います。

お客様にとって決して不利益な事ではありませんので、習うより慣れろでこれを機会に是非チャレンジ願います。

 

以上、令和元年10月1日~10月末日までの現在の状況での利用特典となります。

国の還元事業は来年の令和二年6月まで確実に実施されますが、PayPayなどのキャッシュレス事業者については、予告なくキャンペーンの終了も有り得ますし、突如大型のキャンペーンの実施がされることもありますので上手に活用いただければと思います。