塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

外壁サイディング劣化について!外壁塗装のことなら浜松塗装専門|加藤塗装

新着情報スタッフブログ 2019.10.15 (Tue) 更新

本日も調査診断に伺いました。外壁サイディングの劣化症状のご紹介します。

サイディングの欠落

青い四角の範囲内に表層塗膜のフレーク状の剥離が確認出来ると思いますが、横に広い範囲での症状とひび割れ付近に集中しているのが分かります。横に広い範囲で広がっている剥離現象については横貼りサイディングの特徴でサイディングのジョイント部からの雨水の進入により発生していると思われます。ひび割れ周辺についてはひび割れからの雨水の進入により発生したものでしょう。

横張りサイディングの緩衝材

横張りサイディングには矢印の先に見えるかと思いますがオスメスのジョイント部に緩衝材が付属されており、これにより雨水の進入やサイディングの挙動に対応しております。但し経年劣化により磨耗や痩せることにより緩衝機能や防水機能が損なわれ風の当る面などは雨水の進入が発生します。本来はシーリングなどは必要ないのですが経年により塗膜の剥離現象がなどが発生している場合には、緩衝材の磨耗を疑って間違いないと思いますので新たにシーリングなどにより機能を付与する必要があります。

上記写真の様に、長期(それぞれ個差がありますが)にわたりメンテナンスをしないと『塗膜剥離→サイディングの剥落→サイディングの強度低下→サイディングの欠落』に繋がります。

先のブログでも書きましたが、やはり塗装・防水によるメンテナンスが建物の財産価値及び長寿命化を図るうえで最も費用対効果の高い工法になります。

『何よりも安心で、何処よりも美しく』 外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装