塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

古民家羽目板の木部用着色保護材塗布。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

新着情報スタッフブログ 2019.09.09 (Mon) 更新

羽目板の木部塗装について、以前はコールタールにて施工されているお宅も多かったですが最近の羽目板のほとんどで木部用浸透型着色保護材が使用されております。耐用年数が短くメンテナンスの回数が必要ですが造膜系の塗装をしてしまうとどうしても塗膜剥離につながってしまいますし、意匠性も変わってしまうので当社では以前から浸透型着色保護材を使用しております。

施工前状況

木部用着色保護材塗布

どうしても既存のムラを隠したいので色が濃くなりがちですが、今回きちんと洗浄のうえでオリジナルブレンドにてなるべく濃くならないよう工夫して頂き、新築時に近い形にリニューアル出来たと思います。

木部塗装・羽目板塗装なら

何よりも安心で・何処よりも美しく 浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装まで