塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

屋根塗装の記事一覧

グリーンカラー屋根色 考え方外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装カラーベストスーパーシャネツサーモシリコンフッ素遮熱ヤネフレッシュフォレストグリーンセミフロンスーパーシリーズダークグリーン

特集!緑色の屋根!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 もうすぐ10月ですね!一番大好きな季節がやってきます('ω')ノ 秋と言えば!焼き芋、栗ご飯、山菜にキノコ・・・美味しいものが沢山食べられる(#^^#)←食べ物しか無いんかい 早く涼しくなって欲しいですね! 今日は屋根の色についてブログを書きたいと思います。 屋根の色って何色にすればいいのかな。私は、下から見えないのなら太陽の熱を吸収しにくい薄い色をおすすめしています。 例えばブラックではなくグレー、ダークブラウンではなくライトブラウン、など。 でも屋根が見える家の形の場合は、やはり外壁に合う屋根色(または屋根色に合う外壁色)をお客様とご相談しながら決めていきます。 加藤塗装独自の屋根色トップ3は、黒系(グレー含む)、茶系、グリーン系。 今回はグリーン系をご紹介致します。 塗料メーカー アステックペイントさんの屋根塗料スーパーシャネツサーモシリーズから、 【エバーグリーン】 【レイバーグリーン】 エスケー化研さんのヤネフレッシュシリーズから、 【フォレストグリーン】 KFケミカルさんのセミフロンスーパーシリーズから、 【ダークグリーン】 同じグリーンカラーでも見比べてみると違いがハッキリと分かりますね! お好みのグリーンカラーはありましたでしょうか?(^-^) メーカーさんの違いや塗料の性能の違いによって選べる色が変わってきます。 お客様のご希望に添えるよう、ご相談させて頂けたらと思います。 他にも、屋根の記事がありますのでチェックしてみて下さいね! 塗料のご紹介!アステックペイントさんのスーパーシャネツサーモシリーズ! (2020.09.28 更新) 詳しく見る
屋根塗装カラーシミュレーション
アステックpaint スーパーシャネツサーモ フッ素 カラー品番 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 下塗り塗装 口コミ 評判 足場架設

浜松市南区寺脇町Yさま外壁・屋根塗装工事が始まりました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 浜松市南区寺脇町にて外壁・屋根塗装工事が始まりました! 屋根塗料はアステックペイントさんのスーパーシャネツサーモFを塗布いたします。 期待耐用年数15年! 特殊無機顔料を採用し変退色を大幅に軽減したフッ素遮熱形塗料です。 遮熱形なので、屋根が暑くなりにくく劣化が緩やかになります。 10色展開されており外壁に合った色を選ぶことが出来るのも嬉しいところです。 同じシリーズのスーパーシャネツサーモsi(シリコン)は期待耐用年数12年です! どちらもコストパフォーマンスが高い塗料になっています。 【屋根下塗り塗装施工後】 こちらの屋根はカラー品番9113ラセットブラウンにて塗装予定です。 完成が待ち遠しいですね! 屋根塗料スーパーシャネツサーモについてはこちら!   (2020.09.21 更新) 詳しく見る
屋根塗装足場架設
tosou塗料缶塗装工事内容ホワイトボードコミュニケーション加藤塗装外壁塗装の事ならエスケー化研水性屋根フレッシュsi三和町

いざ塗装工事が始まったら、敷地内はどうなる!?外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 加藤塗装の話ですが、いざ塗装工事が始まる時は、軽自動車のバンで職人一人が赴きます。 そして、お施主様へ挨拶をし、玄関前にホワイトボードを置かせて頂きます。 このホワイトボードは、今日の塗装内容だったり、お施主様のご要望だったり、 自由に書き込む事が出来ます。 今はデジタル化が進んで、メールやライン等いくらでも連絡を取る事が出来ますが、 職人が丁寧な字を書いていると、 「あ、この人はきっと真面目で細かい所までしっかりと仕事をしてくれそうだな」と私は思います。 字は性格が出ると言いますが、まさにその通り(^-^)  HPやYouTubeをやっている加藤塗装ですが、ここだけはアナログを貫き通したいですね(笑) そして、家の敷地内にシートを敷いて塗料を置かせて頂きます。 塗料缶にモザイクを入れているのは、缶一つ一つにお施主様の名前を記入しているからです。 他の現場の塗料と間違えないように見える所に記しておきます。 軽自動車一台分と、この塗料置き場分だけ土地を使用させて頂きます。 こんなに土地は余ってないよ!!という方もご相談下されば大丈夫です! そして今日は、屋根塗装工事している現場へ行ってきましたよ! 使用している塗料は、エスケー化研さんの水性ヤネフレッシュシリコンです(#^^#) まだ中塗り塗装なので、もう一度同じ塗料同じ色を塗装します。 凹凸のある部分は刷毛でしっかりと塗りこんでいきます。 https://www.youtube.com/watch?v=3evXEhZIcUc スマホで撮影しているからか!?画像が粗くてすみません!↑ 水性ヤネフレッシュシリコンのRC-119という品番カラーになります。 屋根は直射日光が当たるので、色に特別こだわりが無ければ濃い色よりも明るい色をおすすめします。 他にも屋根塗装のブログ記事はこちらです。 浜松市中区の塗装現場 屋根下塗り塗装 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装     (2020.09.13 更新) 詳しく見る
YouTube動画屋根塗装
施工前屋根浜松市南区遠州浜外壁塗装工事が始まりました。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装タイル調外壁レンガ調カラーシミュレーションブラウン系足場架設

浜松市南区遠州浜Mさま邸の外壁塗装工事が始まりました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 本格的に夏が到来し、暑さに負けないよう熱中症対策をして頑張っています! 浜松市南区遠州浜Mさま邸の外壁屋根塗装工事が始まりました(*'▽') 足場架設している写真です。良い天気! 今回もカラーシミュレーションをさせて頂きましたが、お客様のご希望で今現在とあまり変更せずに 褪せた色を取り戻すようなカラープランにしました。 【現在】 【カラーシミュレーション】 現在ダークブラウンの所、ライトブラウンに優しく変化してくれる事と思います。 外壁に合わせ、屋根の色ブラウンの落ち着いた色に。 【現在】 【カラーシミュレーション】 やっと梅雨が終わりましたので、このまま良い天気で塗装日和が続いてくれるのではないかと 期待しております♪ 塗装作業中もブログアップしていきますのでぜひご注目下さいませ。 つづく   (2020.08.10 更新) 詳しく見る
外壁塗装屋根塗装足場架設カラーシミュレーション

築45年の谷樋。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

当社のOBさまで2001年に施工させて頂き今回で3回目の塗装ですが、改めてご依頼を頂き伺ってまいりました。築後45年を経過しており、外壁なども心配ではありますが、まっさきに谷樋の銅板が心配で今回は屋根に上がらせて頂きました。谷樋が銅板の場合、築後20年位から雨漏りが発生するケースがあるので注意が必要です。信じられないかもしれませんが、長い間の瓦からの雨垂れで穴が開いてしまうんです。写真にも瓦からの雨垂れのあとが見えると思いますがこれが段々と摩耗し穴が開いちゃうので、20年程度で一回メンテナンスが必要になります。今回は、施主様から聞くと屋根のメンテナンスは行っていたようでしたが、今回改めて交換して頂くことになりました。 (2020.07.29 更新) 詳しく見る
屋根塗装豆知識雨漏り
屋根塗装外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装錆アンテナヤネフレッシュsi標準色チョーキング現象調査無料見積無料

浜松市南区芳川町Oさま屋根・外壁塗装が始まりました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 塗装工事が始まったばかりの現場へ行ってきました! 足場架設、高圧洗浄が終わり、これから養生作業に入るところでした。 足場に登り、屋根を見ると、アンテナの足から錆が流れ出ているのがよく分かります。 屋根の艶はほとんど無く、色褪せが著しく進行しています。 こちらの屋根には、エスケー化研さんのヤネフレッシュsiを塗装させて頂きます。 ヤネフレッシュsiは、加藤塗装のスタンダードプランの屋根塗料です。 特長は、 優れた隠ぺい性隠ぺい力が高いため、下地の透けがありません。 超耐久性シロキサン結合の強靱な塗膜は、酸性雨や熱・紫外線に対して優れた抵抗性を示します。 防かび、防藻性特殊設計により、優れた防かび・防藻性を発揮します。 優れた密着性旧塗膜に対して優れた浸透性を示し 、優 れた密着性を発揮します。 色も多彩で24色の中からお選び頂けます。 外壁も色褪せ、チョーキング現象により塗膜が粉砕して白くなっているのが写真で分かります。 白い外壁と比べて青い外壁は、チョーキング現象が分かりやすいですね。 外壁には、エスケー化研さんの水性セラミシリコン塗料を塗装させて頂きます。 こちらも加藤塗装のスタンダードプランです。 特長 超耐久性シロキサン結合を持つ架橋塗膜は、紫外線、湿気などのポリマー劣化要因に対し、優れた抵抗性を示し、建物を長期に亘り保護します。 優れた低汚染性緻密な架橋塗膜は、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けず、優れた低汚染性を発揮します。 防かび・防藻性特殊設計により、長期に亘ってかびや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持できます。 安全設計水性であるため、溶剤中毒や火災の心配もなく、作業環境の向上に役立ちます。 資産価値の向上従来のアクリル樹脂系塗料や、ポリウレタン樹脂系塗料に比べて耐久性が高いため、長期メンテナンスサイクルを含めたライフサイクルコストが低く、資産価値の向上と大きなコストメリットを生みます。 水性なので匂いが少なく、安全なのが嬉しいですね。 屋根、外壁ともに完成する日が待ち遠しいです!     (2020.07.01 更新) 詳しく見る
外壁塗装屋根塗装
無題1絶対にやってはいけないDIY修理 補修 スレート屋根 カラーベスト シーリングで埋める カッターで削る

絶対にやってはいけないDIY雨漏り補修。外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 様々な理由で家が雨漏りする事があります。 例えば、窓のサッシや幕板などの外壁開口部に隙間が出来て そこから雨が浸入してくる、シーリングの劣化によりひび割れ剥離し 塗装されていない外壁の断面から水が入る、等々です。 雨漏りする原因は、家それぞれ違います。 家が建てられている場所や向き、外壁材、屋根材によってもまた違ってきます。 そんな中、絶対にやってはいけないDIY修理がありますのでご紹介致します。 上の写真は、正常な状態のスレート屋根です。 そして、こちらは雨漏り対策の為にDIY修理したスレート屋根です。 よく見るとスレート屋根が重なるところをシーリングで埋めてしまっています。 これでは屋根材の下に入った雨水が、外へ出てくる隙間が全くありません。 外へ出るための通路を失った雨水は、毛細管現象により、 上に上に登っていき、わずかな出口を探します。 屋根材を留めている釘や配管をつたって雨水は家の中に入ってしまうのです。 雨漏り対策の為の修理なのに、よりひどい状況になってしまいます。 屋根塗装では、塗装する前に「タスペーサー」という小さなプラスチックを スレート屋根の間に差し込みます。 これで、屋根材を塗装しても隙間が埋まる事はありません。 屋根に隙間があると、そこから雨水が入ってしまうのではないかと 不安になってしまうのはごもっともですが、 スレート屋根が重なるこの隙間は、雨水の入口ではなく出口ですので ご安心ください。 先ほどのシーリングを埋めてしまった屋根は、 職人が一生懸命、カッターで削りましたのでもう大丈夫です。 『   (2020.05.18 更新) 詳しく見る
屋根塗装
外壁塗装屋根塗装防水工事 浜松塗装専門店|加藤塗装 塩害 遠州浜 からっ風 台風 錆 トタン 穴 修理方法

角波トタン屋根の塩害補修。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 加藤塗装の本社がある浜松市南区の松島町は 海の近くであり、塩害を受けやすい地域であります。 台風の時期だけではなく、常に塩混じりの風が外壁や屋根に当たります。 そのため、金属で出来たトタンは錆びついてしまいます。 今回は、そんな塩の被害を受けた角波トタン屋根の補修塗装をしている現場へ行ってきました。 角波トタン屋根の軒天部分です。 錆が多く発生し、大きな穴が開いてしまっています。 穴から雨水がしたたり落ちるので軒天の意味がありません。 このような状態を放置しておくと、錆びついた屋根材が真上から 落下し危険です。 穴を塞ぐ為に、防水アルミテープを上から貼り付けます。 そのあと、錆止め塗料を下塗りし上塗り塗装を2回行います。 全部で3回塗りです。 【塗装完成】↓ 屋根の上に換気扇フードが乗っており、 そこもまた塩害を受け、穴が開いていました。 【補修塗装後】↓ 塩害に悩まれている方、多いのではないでしょうか。 雨戸や戸袋に白いポツポツとした錆が出来てしまったり、 金属サイディングに穴が開いてしまったり、 一度錆びついてしまったら腐蝕は進行するばかりです。 錆を落として錆止め塗料を塗布する事が大事です。 お悩みの方、お気軽にご連絡ください。 台風が来る前に対処することをおすすめします。   (2020.05.16 更新) 詳しく見る
屋根塗装
浜松市南区中区外壁屋根塗装専門店 加藤塗装 改修工事 補修 カバー工法 スレート屋根 シーガード カバールーフ工法施工事例

カバールーフ工法「シーガード」外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 先日、スレート屋根専用のカバールーフ工法「シーガード」の施工現場へ行ってきました! 「シーガード」とは、 スレート屋根に穴を開けずに、強力接着剤で張り合わせる高耐久屋根材のことです。 穴を開けないので、既存スレート屋根が割れることが無く、安心です! また、シーガードの厚みが0.35mmのとてもうすい屋根材なので シーガード本体以外の周辺板金は今までの板金を使用する事が出来、 コストパフォーマンスに優れます。 1㎡あたり4.5Kgという軽さも安心につながります。 基材が軽くて遮熱性に優れた鋼板の表面は国内焼き付け工場で2回焼き付け塗装された、 耐候性に優れた鋼板です。 シーガードの公式ホームページはこちらです。 ←クリック 【カバールーフ工法 シーガード】 【施工前】 (2020.05.12 更新) 詳しく見る
屋根塗装