塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

豆知識の記事一覧

古民家羽目板の木部用着色保護材塗布。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

羽目板の木部塗装について、以前はコールタールにて施工されているお宅も多かったですが最近の羽目板のほとんどで木部用浸透型着色保護材が使用されております。耐用年数が短くメンテナンスの回数が必要ですが造膜系の塗装をしてしまうとどうしても塗膜剥離につながってしまいますし、意匠性も変わってしまうので当社では以前から浸透型着色保護材を使用しております。 どうしても既存のムラを隠したいので色が濃くなりがちですが、今回きちんと洗浄のうえでオリジナルブレンドにてなるべく濃くならないよう工夫して頂き、新築時に近い形にリニューアル出来たと思います。 木部塗装・羽目板塗装なら 何よりも安心で・何処よりも美しく 浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装まで (2019.09.09 更新) 詳しく見る
豆知識

弊社垂れ幕が完成!浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

以前に弊社垂れ幕の使用によりお客様より使用しないで頂きたいとの申し出がありここ数年間足場に垂れ幕の掲示を控えておりましたが、何人かのお客様より是非掲示しなさいとのご教授を頂きました。有難う御座います。 改めて垂れ幕をリニューアルし今後は掲示を再開するように致しました。 (2019.09.01 更新) 詳しく見る
豆知識

屋外階段のメンテナンスにお困りの方は!浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

先日、新規お客様よりお問合せ頂き屋外階段の鉄部が数年で発錆を繰返しメンテナンスに苦慮しているが何か良い出立てはないかと相談がありました。 数年前に、屋外階段だけ塗装と踏み板部分のモルタル充填や排水用に穴を開けたりしたが数年で錆びてしまったが施工不良ではないか(当社施工ではありません)と当社にご訪問いただきました。 決して施工不良ではなく構造状の問題でどうしても雨水が溜まりやすい箇所については発錆を防げないので、繰返しのメンテナンスが必要になりますと説明しました。 手摺にはステンレスを使用などでメンテナンスの要らないよう工夫されている階段ですが、蹴込部についてはどうしても発錆が発生しやすくなります。 防滑用金具においても雨水の排水がうまくいっておらずに、腐食により欠落してしまっています。 今回、施主様とも相談のうえ屋外用長尺シートと塗膜防水による改修を推奨しました。蹴込部分の雨水の侵入を防止でき、入居しながらの改修においても居住者の利用制限も無く改修が出来る利点もありお勧めしました。 屋外階段のメンテナンスでお困り方は 何よりも安心で、何処よりも美しく 浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装まで   (2019.08.24 更新) 詳しく見る
豆知識アパート・マンション

外壁サイディングに、こんな症状があれば要注意!浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

  外壁調査に伺ったきました。施主様から築年数も経過しており外壁塗装を検討しているとのことで伺いました。ヒアリングしても漏水等お困りのことは無く耐用年数も経過しており検討中とのことでしたが、 外壁の一部にて膨れ及び支持金具の釘に発錆がみられました。室内への漏水は無いとの事ですが、随分長い間に壁内への雨水の進入により湿潤化が進行し内部下地木部も含め腐食が進行していると思われます。外壁サイディングの強度も低下しており張替えが必要な状態でした。施主様も驚いておりましたが室内への漏水が無くとも壁内への雨水の進入により脆弱化が進行してしまいます。 日中、簡単な目視点検で構いませんので一度確認して頂けると良いと思います。ここまで外壁サイディングが膨れている状態でなくても 1)支持金具に発錆がみられる 2)塗膜の剥離(はがれ)がみられる 3)染みなどの異変がみられる など、少し異常があるようでしたら無料で伺いますのでお問合せ願います。 私ども専門店では、建物の長寿命化をコストメリットの大きい塗装・防水工事にメンテナンスを行うのが企業ミッションですので少しでも早く、コストの掛からない方法でメンテナンスを推奨しており過剰なメンテナンスは決してお勧めしておりませんし、調査点検も無料ですのでお気軽にお問合せ願います。 浜松市外壁塗装専門店 外壁調査・塗装の加藤塗装株式会社 (2019.08.20 更新) 詳しく見る
外壁塗装豆知識現地調査雨漏りお客様からのご相談内容

塩ビ被覆鋼板について!浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

現地調査に伺ってきました。今回セキスイ築造のお宅で屋根には塩ビ被覆鋼板が採用されておりました。会社ごとに見解が分かれるかと思いますが、当社では基本的に保護の目的では塗装の必要性は無いと考えております。 そもそも塩ビ被覆鋼板とは何でしょうか?ですが。 鋼板に、ポリ塩化ビニール樹脂をコーティングした樹脂被覆鋼板になります。 塩ビ鋼板は、腐食環境や酸性雨に強く、海岸に接する外装材としても良く用いられています。また、耐ガス性、耐薬品性も優れ特殊フィルムにグラビア印刷を施した塩ビ鋼板など、意匠性豊かで、玄関扉や建築内外装の他、住宅設備機器、電気機器にも使用されています。 セキスイハイムさんやセキスイツーユーホームさんの屋根にて良く採用されております。 重ねてですが、当社では塗装の必要性は無いと考えております。その理由として、鋼板に樹脂がコーティングされていることで発錆などはあまり見られない、また塗装を施しても樹脂のうえに塗装をするために防錆効果としては期待できないのが理由です。 上記写真は塩ビ被覆鋼板に通常の塗装をしている例です。塗装をしても保護目的としてはあまり効果を発揮しないのが見てとれます。塩ビ被覆鋼板においては樹脂コーティングの接着強度が落ちて剥離してきた場合にこのように発錆が発生してきます。メンテナンスとしては既に塩ビ被覆の剥離により発錆している箇所のみ防錆塗装をするのが正解ではないかと思っております。 但し、紫外線に強いといっても変色しないわけではないので美観などを考慮して塗装をしたい希望があれば塗装いたしますが、注意をしないといけないのが専用のプライマーが存在するという事です。塩ビ被覆内の可塑剤が塗料に移行しベダ付きや硬化不良が発生したりしますので注意が必要です。 また。参考までに一枚写真添付します。 この様に塩ビ被覆鋼板においての腐食は、概ね内部からの発錆による腐食がほとんどです。外部には塗装よりも耐久性の強いポリ塩化ビニールが被覆されているので塗装によるメンテナンスとしてはあまり効果が無いと思っております。 あくまで個人的な見解ですので、ご理解願います。決して塗装するのが不正解ではありませんが塗装をする際には、 1)専用のプライマーが必要であるという事 2)塗装により防錆効果が得られないという事 3)既に塗装よりも耐久性が強い樹脂がコーティングされている事をご理解のうえ塗装ごご検討していただければ、余分な費用をかけることなく長寿命化を実現できるのではないかと思いご案内させて頂きました。 外壁塗装屋根塗装のことなら! 何よりも安心で、何処よりも美しく  浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装まで御用命を   (2019.08.07 更新) 詳しく見る
屋根塗装豆知識

特殊コーティングによるサイディングの注意点。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

以前、屋根のみ施工させて頂いたOBさまから御連絡頂き外壁調査に伺いました。建築会社との調整を続けていたが時間が掛かりすぎるから対応できないでしょうかとの事で見せて頂きました。 築25年が経過しておりますが、ぱっと見では全然綺麗な状態を維持しておりましたが、部分部分では外壁材の脆弱化が進行し表層から剥落している状態がいくつか散見しておりました。 今回、発症している部位から判断して外壁ジョイント部シーリングからの雨水の進入による、脆弱化と判断しました。特殊コーティングしている表層は問題なくても、雨水の進入などによる裏面からの攻撃にとても弱いためこのような経年劣化に繋がってしまいます。 部材単位での強度は確認できても、ジョイント部やその他の要因にて経年劣化してしまう事が多々ありますので定期的に目視点検だけでも行っていただくと、大事になる前に対処できることが多々あると思います。 今回、随分と時間がたってしまい外壁材の強度が低下してしまっているので、出来れば外壁改修を優先としてメンテナンスの相談を進めていきましたが、 1)外壁の全体改修 2)外壁の部分改修 3)外壁の部分補修  今後の生活設計がまだ明確にならないためとりあえず今回は、シーリング改修とあわせ外壁の部分補修での対応とさせて頂きました。 建築物の長寿命化の相談は、 外壁調査・塗装の加藤塗装までお気軽にご相談願います。     (2019.08.03 更新) 詳しく見る
豆知識補修工事現地調査お客様からのご相談内容

階段のノンスリップテープによる防滑工法。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

屋外階段の踏み面に鉄製の滑り止めがついておりましたが、経年腐食により固定不良を起している箇所もあり、施主様からの依頼で撤去交換を依頼されました。 屋外用のステンレス製の滑り止め材にするか、 はたまた、簡易的なノンスリップテープにするかで 今回はノンスリップテープでの施工となりました。ノンスリップテープのメリットは材料費及び加工費・施工費・処分費など安価で済む為に滑り止め金物に比べ費用負担が約1/5というコストメリットが大きいのが特徴です。 ノンスリップテープには加工タイプも存在し、雨天時などに滑り易い箇所のみに施工することで転倒防止を図るかたもいらっしゃいます。 防滑塗装などの依頼を頂くこともあるのですが、広範囲での防滑機能の付与などには塗装は有効ですが、玄関のタイルや大理石などの防滑については塗装しても数年で磨耗、又、変色するケースもあり費用対効果が低いので、当社でもノンスリップテープをお勧めしています。 施工が簡単で、どなたにも出来るしメンテナンスも用意ですので費用対効果がとても高い事が特徴です。また、すぐに剥がし元通りに戻せるのも良いですね。 建物のメンテナンスなどは、外壁調査・塗装の加藤塗装株式会社 (2019.07.30 更新) 詳しく見る
豆知識補修工事お客様からのご相談内容

紫外線による経年劣化について・浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

外壁調査に伺ってきました。築30年以上の建築でしたが塗膜強度の低下による最終的な終着点を見たような気がしました。 この写真は南面の外壁で、モルタルのうえにリシン吹付仕上でしたが、紫外線によってここまで塗膜が磨耗するとは驚きました。付着強度試験はもちろん出来ませんが、ここまで塗膜強度が低下してしまうと既存塗膜の完全除去をしないと塗替えは出来ませんね。 また、上記のように塗膜自体の強度が低下する前に付着強度が低下し剥離・剥落してしまう場合もあります。活膜部の付着強度がどの程度なのかを調査する必要はありますが、最低でも薄弱部の塗膜除去が必須になってしまいます。 下地がモルタルやコンクリートの場合は塗膜の除去を行うにも、様々な工法の選択が可能ですが住宅などの場合には、サイディングや鋼板パネルなどのデザイン性の高い外装材及び機械工具による研削作業に耐えられる強度がない外装材が多く既存塗膜の撤去が不可能になりますので、外装材の張替え又はカバー工法による外装材の新設が必要になり、予想外の出費となる場合があります。 塗替え作業は、既存塗膜のうえに塗り重ねる作業ですから土台となる塗膜の強度や付着強度はとても重要になり、既存塗膜の状態により塗装・防水による長寿命化が出来なくなるケースも多々あります。最終的には、定期的なメンテナンスが最も費用対効果が高い長寿命化の方法となります。 調査・塗装のことなら浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装までご用命願います。     (2019.07.26 更新) 詳しく見る
豆知識補修工事現地調査雨漏り