塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

補修工事の記事一覧

シーリング改修工事 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 中区上島 既存コーキング除去 充填 プライマー接着剤

浜松市中区上島Iさま邸 シーリング改修&ひび割れ補修工事!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。 外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 浜松市中区上島 Iさま邸 シーリング改修工事が進行しています。 サイディングにある既存シーリングは、カッターを入れるとスルスルッと 取り外す事が出来ます。 足元まで続く長いシーリングが取れました。 シーリングを取り外すと、綺麗な溝が出来ます。 ここに新しいシーリングを充填するのですが、 その前に接着剤の役目をするプライマーを塗布します。 乾いたら養生テープを外して完成です。 サイディングに出来たひび割れも同じ手順で補修していきます。 ひび割れがある所に赤くマーキングしました。 そこをサンダーという電動工具で外壁を削ります。(Uカット) 削ったら接着剤のプライマーを塗布します。 シーリングを充填して完成です。 この上から外壁を塗装しますので、シーリングの色と外壁の色は同じになります。 補修した所が全く分からなくなる訳ではありませんが、目立ちにくくなります(^-^) シーリングの改修やひび割れの補修は天気が良い日に行うのが鉄則です! また随時工事の進行状況をUPしていきますねヽ(^o^)丿     (2021.01.28 更新) 詳しく見る
補修工事シーリング改修
米津町 漆喰改修工事 外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

浜松市南区米津町Sさま邸 屋根漆喰改修工事始まりました!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 加藤塗装では、家を調査した時に塗装以外にも改修が必要な箇所があれば 大工さんや瓦屋さんに協力して頂き、一緒に工事を完成していきます。 今回は瓦屋根の漆喰改修工事です! 浜松市南区米津町Sさま邸 足場架設工事完了致しました! いつもと足場の形が違いますね。 瓦屋根の漆喰改修と軒天の張替えをさせて頂きます☆ また随時更新していきますね!(^O^)/ (2020.12.07 更新) 詳しく見る
補修工事足場架設
間違い瓦補修ラバーロック工法 加藤塗装 浜松市中区神田町 口コミ 修繕 台風被害 費用

ラバーロック工法は悪くない!正しい知識と施工方法なら頼もしい瓦の味方!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 台風9号、10号が日本に来る前、瓦の補修依頼がありました。 「下からじゃ良く見えないが、瓦が無くなっていると思う」というそんな電話内容でした。 さっそく現地へ調査に行き、ドローンで屋根を撮影させて頂きました。 ドローンで撮影したものを会社へ持ち帰り確認してみると、瓦の欠損している所、割れている所、 ズレている所、外れた瓦が屋根に乗っているものが何か所もありました。 強い風が吹いたら、固定されていない瓦が吹き飛んでしまう危険性、そして台風9.10号が近づいている事実・・・ これは一刻も早く補修しなければ、、、という事で、お客様からご相談があったその一週間後には足場を架設していました。 瓦屋さんも急なお仕事だったので、今抱えている仕事の合間に少しずつでも補修していこうという話になりました。 まずは固定されていない瓦を撤去して台風に備える事から。 そして、無事に何事もなく台風は過ぎ去ったので改めて瓦の補修工事をさせて頂きました。 補修工事の内容は、シーリングで瓦を固定する「ラバーロック工法」です。 ラバーロック工法を検索すると、【実は屋根に良くない】【雨漏りの原因になる】【あまりおすすめ出来ない】など、 ネガティブな事が書かれているのを目にします。 ですが、それは正しい知識を持たずにただ瓦を固定させればいいだけ、と闇雲に施工する業者がいるからです。 正しい知識で施工されたラバーロック工法は、しっかりと瓦を固定し、強風や揺れに強い屋根を造ります。 ラバーロック工法で一番間違えやすい所は、シーリングを充填する場所です。 上記が正しいラバーロック工法のシーリング位置です。 丁度山になっている所にシーリングを充填し瓦と瓦を固定します。 よく間違えられているところは下記の場所です。 Uの字になっている所は、瓦と防水シートの間を通る雨が抜け出る所なので ここをシーリングで埋めてしまうとどうなるか、分かりますよね。 外に出られなくなった雨水は、家の中へと浸水していきます。 これがラバーロック工法は【実は屋根に良くない】【雨漏りの原因になる】【あまりおすすめ出来ない】と言われる所以です。 棟瓦も同じで、全ての隙間を埋めるのではなく隣同士の瓦が密着する部分にだけシーリングを打ちます。 台風の季節がもうそこまで来ています。ご自宅の屋根に不安がある方、お見積りは無料ですのでお気軽にご連絡下さい。 お客様からよくある質問はこちら     (2020.09.17 更新) 詳しく見る
補修工事
瓦修繕補修欠損台風外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装足場架設和風住宅YouTube屋根屋さん代行台風被害保険

浜松市中区神田町にて瓦修繕工事の為の足場架設!外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 台風9号と10号が発生し、今週末から来週にかけて日本の天気は荒れそうですね。 最近になって自宅の瓦が破損している事に気づき、加藤塗装へ修繕のご依頼がありました。 ≪ドローン撮影≫ 部分的に破損していたり、すでに欠損している所や、所々に瓦の"ズレ"があったので、 屋根全体的なメンテナンスが必要だと思われます。 すぐに足場を架設させて頂きました。 まずは、台風9号と10号に備えて飛んでしまいそうな瓦を取り除くことが大事です。 それからしっかりと修繕していこうと思います。 足場を架設している様子をYouTubeにアップしましたので良かったらご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=ufC7wrJg2kA 午前9時から開始した足場架設工事は、午後2時頃終わりました。 ≪架設後≫ こちらが瓦がもう無くなってしまっている所です。 拡大すると・・・ もしも御自宅の瓦に不具合がありましたら、加藤塗装へご連絡下さい。 台風が来る前に修繕すると安心です。 他の雨漏り修繕ブログはこちらです。 洋瓦ぶきの雨漏り補修!屋根の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装 (2020.09.03 更新) 詳しく見る
YouTube動画補修工事足場架設

浜松市南区で谷樋の銅板取替!外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

築40年の谷樋の銅板の交換に伺いました。まだ、穴は空いていない状態でしたが、その前に交換をご提案させて頂きました。今回も戸塚瓦さんにお願いし瓦の撤去からステンレス製に交換予定です。 なんと瓦を外したら大量のハチが出てきて慌てました(^^ (2020.08.23 更新) 詳しく見る
補修工事雨漏り
外壁落書き部分消し外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装対策防犯カメラ迷惑防止法塗料基礎コンクリート割れた剥離補修

外壁に落書きされた部分だけ塗装します。外壁塗装の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

こんにちは。外壁屋根カラーシミュレーション担当の谷です。 年に何回か、落書きを消して欲しいというご依頼があります。 本当にやめて欲しいです外壁に落書きをするのは。 怒りを通り越して悲しい・・・ではなく、怒りしかありません!! 今日もそんなご依頼があったので落書きされた部分だけ塗装させて頂きました。 元々の外壁と全く同じ色というわけにはいかないので、 外壁の帯の部分から下を塗装し、わずかな色の違いを分かりづらくしました。 2回塗りをして落書きの色が透けて見えないようにしっかりと塗装していきます。 基礎コンクリートが割れて剥離していたので、中の鉄骨を錆止め塗装をしてから補修をしました。 使用したのは「ハイモル補修用」です。 砂モルタルよりも軽量でクラックが出来にくく下地の負担も少なく済みます。 今回、落書き消しのご依頼を頂きましたが、こういった被害が無くなる世の中になって欲しいと心から願います。   (2020.08.06 更新) 詳しく見る
補修工事

鉄筋暴露の補修!外壁補修の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

基礎の鉄筋暴露補修に伺ってきました。鉄筋暴露って何となりますがクラックなどから雨水が浸入して躯体内の鉄筋に錆が生じた結果、膨張してコンクリートが押し出され浮き又は、剥落し鉄筋が露出した状態の事です。 露出した鉄部を丁寧にケレン清掃 防錆塗料を塗布 専用の補修材で充填し完了です。今回は廻りとの意匠性も兼ねてハイモルタルを使用。この後、少し乾燥させて廻りと馴染ませて施工完了です。 (2020.08.04 更新) 詳しく見る
補修工事

破風板金カバー工法。外壁塗装のことなら浜松塗装専門店|加藤塗装

今回、足場仮設後の点検により破風の木部が部分的に腐食していることが判明しました。西側や北型においては塗膜剥離等もなく綺麗な状態でしたが、東側の一部だけこのように腐食部が見られました。通信線の架台の取付元であり今後不具合があっては大変なのと、風雨の影響を受ける東側に集中しており環境が厳しいこともあり、これ以上の腐食による強度低下により破風の交換となってはいけないので、部分的に板金によるカバー工法を実施しさせて頂きました。 板金屋さんも綺麗に工事をやって頂き、その他との美観も問題なく綺麗に仕上がりました。 部分的な対応で大丈夫でしょうかとの疑問もあるかと思いますが、家の立地により環境の厳しい箇所ごとに経年劣化度合いも違ってきますので、意匠的に問題なければ部位ごとの対応が費用対効果も高く、長寿命化に貢献できること間違いありませんので検討の価値はあるかと思います。 (2020.08.01 更新) 詳しく見る
豆知識補修工事

洋瓦葺きの雨漏り補修!屋根の事なら浜松塗装専門店|加藤塗装

お天気も続き、ようやく屋根瓦の補修に浜松市南区の戸塚瓦工業さんと伺いました。戸塚瓦の代表さんとは高校の先輩で会社も近所ということもあり長い間お世話になっております。今回は、洋瓦葺きのケラバからの漏水とうことで幾つかの要因が考えられましたが戸塚さんの指摘でケラバ水切りを設置すること致しました。 一旦瓦を外して下地木部の調整のうえでケラバ水切りを新しく設置しました。一緒に現地確認させて頂きこれならばと安心しましたいつも私で分からない事でも長年の経験ですぐにご指摘頂き助かっております。異常個所の指摘が的確であるという事は補修範囲が特定され施主様にとっても費用対効果が大きい工事が可能になるということですので、当社にとっても施主様に最も有効な補修手段を提案できるという事でいつも助けてもらっております。     (2020.07.31 更新) 詳しく見る
補修工事雨漏り