塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

タイルの記事一覧

アンティーク調レンガタイル。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

今回、調査に伺ったお宅の玄関周りにレンガ風タイルが貼られていました。レンガ風タイルとは、レンガの雰囲気を再現した軽量タイルの事です。表面には凹凸があり色の濃淡色ムラなど本物のアンティークなレンガと見間違える程の質感を再現されておりました。 今回、施主様よりクリヤー塗装して欲しいとのも依頼がありましたがせっかくのアンティークな質感が台無しになるので、塗装は控えた方が良いとアドバイスさせて頂きました。 本物のレンガについては、有機物を含まないため紫外線劣化も無く塗装不要になります。また、レンガ調タイルでも擬似タイル又は擬似ストーン(フェイクストーン)などはクリヤー塗装をお勧めする場合もあります。 今回は、アンティーク調であることと、洗浄した際には表層の質感が変わってしまうと判断したために経過観察としましょうとアドバイスいさせて頂きました。 様々な外壁材があり、一応に説明が難しくあまり良く分からんと思いますので「塗って大丈夫かな」と思いましたらお問合せお願いします。 「何よりも安心で、何処よりも美しく」浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装株式会社 (2019.07.06 更新) 詳しく見る
外壁塗装豆知識タイル

タイル貼り仕上げ外壁からの漏水。浜松市外壁塗装専門店|加藤塗装

現地調査に伺いました。施主様からは数年前からなんとなく気になっていたが日に日に広がっているため塗装と合わせ相談との連絡頂き伺いました。ベランダ部分の漏水の為に室内への影響も無くあまり気にされなかったのだと思いますが、漏水跡に塗膜のフレーク状の剥離とあわせ茶色い跡がみられます。想像するに壁内の柱などの木部や金物の腐食によるものだと考えられます。 今回、随分と漏水跡が幅広かったのでベランダ防水からの漏水だと思っていたのですが拝見させてもらうとFRP防水で端部もまったく問題がない様子でした。 では、笠木からとも思いましたがよくよく観察すると90㎝程度の幅で茶色い跡があるのに気がつきました。そこで外壁を改めてみてみるとタイル目地の奥でジョイントテープが破断してました。 幅が広いのは外壁ジョイント部の3ヵ所から雨水が浸入していたためと、長期間にわたり漏水が放置されていたことによるものだと判断しました。 以前にもありましたが、外壁の張替えなどに発展するケースもありますので漏水跡などが見られましたら早めの相談をした方が良いと思います。 (2019.06.12 更新) 詳しく見る
外壁塗装豆知識雨漏りタイルお客様からのご相談内容

LIXILはるかべ工法の施工紹介。浜松市外壁塗装屋根塗装専門店|加藤塗装

今回、LIXILさんのはるかべ工法をひさびさにご採用いただきました。当初玄関周りだけの予定でしたが最終的に一面全体をリニューアルすることになりました。今回は商品も豊富なかるかべ工法をお勧めさせて頂きました。 お客様のニーズの色々あろうかと思いますが、意外にこのタイルへのリニューアルの選択肢を知らない方もいらっしゃるかも知れませんので、途中経過UPします。外壁を張り替えなくても既存の外壁にタイル仕上げに変更は可能です。 軽量の適合タイルを使用することにより建物への負担を軽減しながらタイルリフォームが実現出きるようになったのです。既存の設備を一度外したり電気工事などの移設などもありますが、塗装では太刀打ち出来ない意匠性と財産価値があるのは間違いないです。 専用のプライマーやジョイント材、補修剤にて下地を作っていきます。 設備器具などを外し下地が作り、専用の接着剤にてタイル張りを行っていきます。 今回は、はるかべ工法のセラヴィオUでの施工です。 なんという事でしょう! タイル外壁の良いところは、長く美しくメンテナンスが少ないと同時にやはり圧倒的な意匠性少し予算があるようでしたら、是非お試しいただければと思います。完成などの心配もあろうかと思いますが弊社にてカラーシミュレーションでお手伝いすることも可能ですし部分施工も喜んでお受けいたしますので、オリジナリティある外装リフォームを体感いただけます。 何よりも安心で、何処よりも美しく+長~く  浜松市外壁塗装屋根塗装専門店?加藤塗装     (2019.05.08 更新) 詳しく見る
外壁塗装タイル

INAX はる壁くん 浜松市南区 外壁塗装屋根専門店の加藤塗装

INAX はる壁くんの一部を事務所内に展示しました。ご興味のある方はお問合せお待ちしています。 事務所内に、INAXのはる壁くんの一部を展示しました。はる壁くんは多種多様な種類がありとても全部の展示は出来ませんので、ほんの一部だけ展示してあります。塗替えだけでは出せない高級感・質感・立体感があります!材料と工賃を合わせると20,000円/㎡位掛るタイルが多いので、塗装と合わせて玄関の一部などに使用していただけると良いと思います。建材の軽量化と同時に接着剤の技術進歩が目覚しく、下地調整も少なく施工できるようになったので施工条件の幅が飛躍的に延び、部分的な貼り付けや張替えが可能になってきたのです。あまり良くなりすぎて塗装のお仕事がなくなるのは困るのですが、建物の保護・維持・美観を塗料が行い、そこにタイルなどの建材により意匠性を合わせていければこんなによい事はないと思っています。施工に興味がある方は、お近くのINAXまたはタイル屋さんまたは加藤塗装へお問合せ下さい。浜松市で創業以来地域密着の加藤塗装㈱がちょっとしたお悩みからのご相談もお受け付けしますのでお電話でもお気軽にお問合せ下さい。 (2013.05.08 更新) 詳しく見る
外壁塗装タイル