塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

バリヤプライマー 浜松市南区 外壁塗装屋根専門店の加藤塗装

スタッフブログ 2013.05.08 (Wed) 更新

バリヤプライマーは、よくお風呂の浴槽の廻りなどにありますが、建材の隙間に充填するシーリング材。

よくお風呂の浴槽の廻りなどにありますが、建材の隙間に充填するシーリング材。
変性シリコン・ウレタン・シリコンなどいろいろありますが、基本的にシーリング材には柔軟性を維持するために入っている可塑剤と呼ばれる素材が添加されています。
その可塑剤がシーリング打設後2・3日は頻繁に外部へ出る為、最低、夏場は2日・冬場は3日は乾燥期間を空けて塗装します。
そうしないと可塑剤により塗料の硬化を邪魔されていつまでも塗料がグズ付いてしまうケースがあるからです。
今回は人が集まる駅内に塗装でもあったので、利用者の衣服等への付着もあると大変なので乾燥期間を空け尚且つ、バリヤプライマーにて可塑剤を抑えて塗装を行いました。
バリヤプライマーは非常に硬度の高い塗料ですので、柔らかいシーリング材の上に硬度の高いバリヤプライマーを塗る事により後々塗料が亀の甲状に割れるケースもあるのですが利用者への事故防止が優先で施工しました。浜松市で創業以来地域密着の加藤塗装㈱がちょっとしたお悩みからのご相談もお受け付けしますのでお電話でもお気軽にお問合せ下さい。