塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

サイディングは、10年が外壁塗装の目安!? 浜松市南区 外壁塗装屋根専門店の加藤塗装

スタッフブログ 2016.02.17 (Wed) 更新

浜松市の 外壁塗装 & 屋根塗装専門店 加藤塗装 です!

弊社の施工事例でも外壁がサイディング使用の住宅があります。そこで、「サイディング」って何か? ======================================== 「サイディング」板状外壁材の総称。近年では、このサイディング使用の住宅が主流になってきています。 サイディングの種類には、窯業系、金属、塩ビがあります。 Q1.窯業系サイディングの特徴は? ①地震に強い ②耐火性、耐久性に優れている ③タイル調、石張り調、木目調などデザインが豊富 ④リフォーム性にも優れている Q2.サイディングの欠点は? ①熱を吸収しやすく、表面温度が60度以上になることもあります。 ②塗膜がなくなると水を吸収する ③継ぎ目に使用しているシーリングの劣化が発生する。 施工から5~7年もすると、窯業サイディング壁の表面の吸水性が落ちてきます。 経年劣化により、ツヤがなくなり、色あせ等も起こってきます。 その上、つなぎ目に充填されています、シーリング材も経年劣化により、縮み、ひび割れが発生します。すき間から雨水が浸入し、建物内部の腐食の原因になったりします。 窯業サイディングは、10年が塗替えの目安です。塗替えとご一緒にシーリングの打替えも行われることをおススメします。

 

弊社の施工事例でも外壁がサイディング使用の住宅があります。そこで、「サイディング」って何?!

========================================

 

「サイディング」とは板状外壁材の総称。近年では、このサイディング使用の住宅が主流になってきています。

サイディングの種類には、窯業系、金属系、木質系、樹脂系があります。

 

Q1.窯業系サイディングの特徴は?

①地震に強い

②耐火性、耐久性に優れている

③タイル調、石張り調、木目調などデザインが豊富

④リフォーム性にも優れている

 

Q2.サイディングの欠点は?

①熱を吸収しやすく、表面温度が60度以上になることもあります。

②塗膜がなくなると水を吸収する

③継ぎ目に使用しているシーリングの劣化が発生する。

 

施工から5~7年もすると、窯業系サイディング壁の表面の吸水性が落ちてきます。

経年劣化により、ツヤがなくなり、色あせ等も起こってきます。

その上、つなぎ目に充填されています、シーリング材も経年劣化により、縮み、ひび割れが発生します。すき間から雨水が浸入し、建物内部の腐食の原因になったりします。

窯業系サイディングは、10年が塗替えの目安です。塗替えとご一緒にシーリングの打替えも行われることをおススメします。

加藤塗装㈱の施工事例をご覧ください。クリック↓

http://www.katotoso.co.jp/works/

 

この度は、数あるホームページより当社をご覧いただきありがとうございます。 おかげさまで創業90年、設立50期目を迎えることができました。これもひとえに地域の皆様方のご愛顧によるものと感謝しております。 創業100年及び設立50年への準備として「塗りはまかしょう!」を合言葉により良いものづくりの継続を再確認し、更なる50年に向け良いものづくりに加え、善いサービスの提供の実践に挑戦しています。 どうぞこれからも変わらぬご支援のほどお願い致します。

加藤塗装株式会社 代表取締役 加藤守啓