塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! スタッフブログblog

外壁診断・漏水調査 浜松市南区 外壁塗装屋根専門店の加藤塗装

スタッフブログ 2016.07.20 (Wed) 更新

浜松市の 外壁塗装 & 屋根塗装専門店 加藤塗装 です!

浜松市南区で漏水調査実施、壁内への漏水による塗膜剥がれを確認!外壁診断・漏水調査お任せ下さい。

外壁調査及び漏水調査に伺いました。 4・5年前に漏水したが補修済みで、現在は雨漏りもしていないが年数も経過しているので一度見て査定(見積のことでした^^)してもらいたいとのご依頼で伺いました。 北側よりお宅を伺い、第一印象はとても良好で心配性のお施主さんだなと思い話を伺いながらぐるりと案内して頂きました。以前漏水していたであろう跡を確認しつつベランダチェック! ベランダの外壁の上部で下記の写真のように小さい塗膜剥離を確認(-- やはり、近辺で似たような現象が確認されました。 南面及び東面に集中して大小ありましたが発見しました。今回の原因としては剥離箇所からしてもジョイント目地からの雨水の浸入によるもので、ほぼ間違いないと思います。 ジョイント目地からの雨水の浸入で、室内への影響がないとあまり気にされませんが長年経過すると下地の木材から壁材まで腐食が進行しますので確認が必要です。 今回の様に初期であれば、防水改修及び保護塗装で問題ありませんが、長年経過し下記のようになると壁材漏水による塗膜の剥がれ状況! 壁内に浸入した雨水が、蒸気となって日の当たる暖かい箇所から出ようとします。 塗膜は、外からの紫外線や風雨には強く耐候を発揮しますが、内側からの攻撃には意外と弱いんです。全然、違うお宅ですが漏水によるサイディングの腐食が進行した状態です! 長年、蒸気の通気を繰り返していると塗膜もそうですが壁材も強度不足になり腐食が進行します。 指でひっかっくと削れてしまうほどの強度低下していました。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度は、数あるホームページより加藤塗装をご覧いただきありがとうございます。 おかげさまで創業90年、設立50期目を迎えることができました。これもひとえに地域の皆様方のご愛顧によるものと感謝しております。 創業100年及び設立50年への準備として「塗りはまかしょう!」を合言葉により良いものづくりの継続を再確認し、更なる50年に向け良いものづくりに加 え、善いサービスの提供の実践に挑戦しています。 どうぞこれからも変わらぬご支援のほどお願い致します。

加藤塗装株式会社 代表取締役 加藤守啓